生活保護申請サポート・ご相談は行政書士法人ひとみ綜合法務事務所までお問合せください。数千件の業務経験を持つ経験豊富な女性行政書士が迅速かつ丁寧に対応します。

Consultation in English is here

メディア取材、同業者及び業者様へご案内

「大丈夫ですよ。生活保護は受けられますよ。」と笑顔で確信を持って言っていただきました。

三木 ひとみ様

(お客様のお住まいの市区町村)の(お客様のお名前)です。ごぶさたしておりますが、お元気でいらっしゃいますか?
生活保護受給に関しては、本当にお世話になりました。無事に受給できるようになり、今は妻と二人、自由な時間を手に入れることができ、「これからどの様に生きていこうか」と、毎日、夢を描きながら生活しております。思えば三か月前は、今とは全く違った意味で、「これからどの様に生きていけばいいのか」と、苦悩と絶望感の中にいました。

私は何年も前から、目に異常を感じながらも生活のため、バイクで新聞配達を続けていました。仕事中、歩行者や車などと接触しそうになることは日常的に起こり、トラブルも何度もありました。
妻はパートで働いていましたが、胃潰瘍で入退院を繰り返しており、歩くことも辛そうにしていました。二人とも、いつ仕事に行けなくなるかわからないような毎日を過ごしているとき、それに追い打ちをかけるような困ったことが起こりました。

私たちには借金があり、それを滞納していたのですが、債権者が裁判所に訴えたため、裁判所から支払い催促状が届いたのです。期日までに債権者に支払わなければ、強制執行となり、給与および財産の差し押さえが行われるという内容でした。

奈落の底に突き落とされたようなショックを受け、妻と、どうすればいいか話し合い、真剣に夜逃げすることを考えました。何とかしようとネットで相談できる法律事務所を探していたとき、三木先生の存在を知り、藁をもすがる思いで、大阪まで三木先生に会いに行きました。

お会いしたとき、三木先生が思っていたよりお若かったので驚いたのですが、私の話を真剣に聞いて下さり、
「大丈夫ですよ。生活保護は受けられますよ。」
と笑顔で確信を持って言っていただきました。あの時は、本当にうれしかったです。

その後、申請書の作成にはじまり、福祉事務所への提出、そして事務所との煩雑なやり取りも、私に代わってやっていただけたので、スムーズに事が運び、約1ヶ月で正式に受給が決定しました。そして、借金の件も、三木先生より奈良県内の法律事務所を紹介していただき、無料で相談に乗っていただけて、無事解決しました。

三ヶ月前の絶望的な状況からすると、現在の暮らしは夢のようです。もちろん、経済的な苦しみや借金問題がなくなったことはうれしいことですが、私にはもう一つ、受給ができてよかったと思っていることがあります。それは、冒頭でも少し触れましたが、長い年月、休みなく働き続けてきた私にとって、ゆっくり考え事をする時間的余裕が生じたことが、何物にも代え難い、宝物のように私には思えています。

私はこの時期を活用して、第二の人生の計画を練っています。もう一度、夢を描き、新しい人生を妻と二人で、歩んでゆこうと思っています。

このような、全く新しい人生が現れたのは、すべて三木先生と出会えたからです。感謝しております。本当にありがとうございました。

今後もし、疑問(生活保護の受給に関して)があれば、おたずねしたいのですが、よろしいでしょうか?御迷惑にならないように、メールで質問しますので、どうかよろしくお願いいたします。

深い限りない感謝の気持ちを込めて
(お客様のお名前)

奈良県 O様

↓当事務所にご依頼いただいたその他のお客さまの声

ご挨拶

当事務所の生活保護相談担当である特定行政書士の三木ひとみが対応させていただきます。これまでに手がけた生活保護案件の件数は5000件を超えており、全国あらゆる地域の案件に対応可能です。また行政書士には厳密な守秘義務がありますので相談内容の秘密は厳守します、安心してご相談下さい。

当事務所に多いご相談

  • これまで無年金・年金額の少ない両親の生活を援助してきた息子さん娘さんからのご相談

  • 働けない成人した子ども(いわゆるニート)を抱えた親御さんからのご相談

  • 無職や低収入アルバイトで自立できない兄弟姉妹を援助している身内の方々からのご相談

本人からだけでなくご身内の方からの生活保護相談もサポート

当事務所ではメイン業務として、現在生活保護の申請をご自身で考えられている方をサポートしてきました。相談及び実際の申請に至った件数は全国の行政書士事務所の中で一番と言ってもいいでしょう。

最近増えてきたのが、申請をしたい本人様からだけではなく、その生活に困窮した申請者をこれまで支えてきた身内の方からのご相談です。

無年金、低年金の親の生活を支える子どもたち

65歳以上の年金受給者のうち全員が年金をもらえているわけではありません。一定の割合で無年金の高齢者は存在し、仮にもらっていても生活していけないレベルの低年金者の割合は20%に達するとも言われています。
ではこのような収入のない高齢者の生活を支えているのは誰かと言えば、その息子さんや娘さん達です。

誰しもが裕福で何人もの生活を支えて大丈夫なだけの資産や収入があるのであれば問題ないでしょう。しかしほとんどの場合そうではありません。自分たちの生活もあるなかで、切り詰めながら親への援助を続けているケースが多く見られます。

疲れ果てて相談に来られ、その後当事務所で申請をお手伝いさせていただいた結果、無事親御さんの生活保護の開始が決定し、胸を撫で下ろしながら生活を再建される息子さんや娘さん達を何人も見てきました。

成人しても働けない子どもを支える両親

また、その逆のケースもたくさんあります。
成人して本来ならば就職して働く年齢になっているにも関わらず、様々な事情により社会に出て行けず、引きこもりやニート状態になっている子どもを抱えた親御さんからの相談です。

最近ではニートの高齢化も問題になっています。
いざ社会に復帰しようとしても、30代40代と年齢が上がるにつれ就職も難しくなっていくのが現実です。

子どもの面倒をこの先ずっと何十年にも渡って見続けていけるほど裕福な家庭ばかりではありません。これまではご両親が生活の面倒をみてきましたが、この先いつまでも高齢者となってからも働き続けるわけにもいかないでしょう。両親の定年後はいったいどうしていくのでしょうか。不安ばかりです。

自分が定年を迎えたら、その先は年金で子どもを養っていかなければいけないのか、もし自分が認知症や病気で動けなくなってしまったら・・・。そのような心配で夜も眠れない親御さんが相談に来られることも何度もあります。

当事務所で相談を受け、無事お子さんの生活保護が決定し、安心して自分たちの老後を考えられるようになった親御さんたちをたくさん見てきました。

高齢ニートを支える兄弟

生活の援助で自分たちも困っているのは親子関係だけに限った話ではありません。ご兄弟の間でもこの話は多くなってきました。成人しても働けずにずっと引きこもっている兄弟姉妹の生活を、ずっと援助し続けているご兄弟の方もたくさん相談にこられました。

そういった方々は、家族だから身内だから支えていかなければならないという義務感で、ずっと援助を続けてられています。しかし自分たち家族の生活もある上、さらに大人もう一人の生活の面倒を見なければならないのは、金銭的にも精神的にも非常に苦しいことです。

当事務所に相談に来られ、無事ご兄弟の生活保護の開始が決定し、肩の荷が下りて自身の家族の元へ帰っていかれるお客さまを数多く見送ってきました。

当事務所にて、ご本人様、ご身内の方の生活保護申請を徹底的にサポートします

当事務所にご依頼いただくメリット

豊富な実務経験に裏打ちされた正しいノウハウ

生活保護に関して情報を得たい時、自分でインターネットを利用して調べられる方も多いでしょう。しかしこと生活保護に関して、ネット上で検索しても正しい情報へたどり着くことは困難です。

現実に毎日全国の役所とやりとりをしている当事務所から見れば、それほどネット上には生活保護に関する間違った情報が多いのです。さんざん自分で調べ回った結果、間違った情報を鵜呑みにして判断してしまい、自分は生活保護を受けられないと諦めてしまう方も数多くおられます。

当事務所では年間数千件の生活保護申請・受給中の方の相談などを取り扱っている実績があり、書籍や役所が公表している情報だけでなく、毎日の役所とのやりとりの中で日々得られる最新の正確な情報を蓄積し続けています。

自身でネットで調べ実際に役所へ足を運び、もう無理だと半ば諦められた方でも、当事務所で申請のサポートをした結果、保護開始が決定した事例はいくつもあります。

全国対応可能

当事務所の所在地は大阪ですが、北海道から沖縄まで他府県からの相談も非常に多く、依頼の半分以上が大阪以外の地域からです。

生活保護に関する法律(生活保護法)は全国どこであっても同じものが適用されますが、行政の対応は地域によって本当に千差万別です。全く同じ条件の申請者であっても、何の支障もなく通る地域もあればなかなか前に進まない地域もあります。

当事務所ではこれまで取り扱ってきた多くの業務経験により、全国様々な地域の福祉事務所への申請実績があります。同じ状況の生活保護申請者であっても、その地域や担当者によって扱いが全く違うことを十分に承知しております。

例えば、ある自治体で審査が難航したような場合、他府県の○○の自治体ではこの要件でこの申請が通っています、というような形で実際の事例を並べて交渉していくことで、役所との交渉を有利に進めていくことが可能です。

特定行政書士が書類を作成するので申請が却下されても代理で不服申立てが可能

平成26年6月に公布された「行政書士法の一部を改正する法律」により、特定行政書士という制度が誕生しました。

特定行政書士とは、日本行政書士会連合会が実施する一定の研修を修了しその後の考査に合格した行政書士に対し、行政書士が作成した官公署に提出する書類に係る許認可等に関する審査請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立ての手続について代理権が与えられるという制度です。

この法改正により、特定行政書士となった者はその申請が却下された場合に、本人に代わって代理人として役所に対し不服申立てをすることができるようになりました。当事務所には生活保護相談担当である三木ひとみを含め、この特定行政書士に認定された行政書士が2名在籍しています。

生活保護申請において、明らかに生活に困窮し保護が必要で要件も満たしている申請者に対し、その申請が不当に却下されることがあります。特定行政書士が書類作成から役所との対応までカバーしている当事務所においては、もし生活保護申請が不当な却下をされた場合、却下の処分をした役所に対し、ご本人様に代わって代理人として不服申立てを行い、交渉していくことが可能です。

お客さまの声

ずっと不安の毎日を過ごしてきて、こんなに私たちを助けようとしてくれた人は、いませんでした

大阪府 30代 女性 O様 私は交通事故に遭い、右足が不自由になったにも関わらず、相手側の保険会社から支払いをしてもらえず、半年以上、貯金のみで生活しておりました。母子家庭で子どもは三人、事故からずっと、食べ物は食パンや …

議員さんに同行してもらっても出せないと言われた引越費用が、依頼した結果びっくりする程出してもらえる事になりました

東京都 30代女性 W様 ひとみ行政書士事務所様 ひとみ先生、この度は生活保護の代理申請のサポートをしていただき、ありがとうございました。 私は外国人の旦那と結婚して18年になりますが、4人の子供にも恵まれ順風満帆に暮ら …

沢山、三木さんと話し、アドバイスを頂き、助けて頂き、本当にありがとうございました。

兵庫県 30代女性 K様 三木先生へ お元気ですか?お礼のお手紙を書くのが遅くなり、大変失礼します。 四月に入り、桜も咲き始めましたが、もう散り始めました。 (以前お客様がお住まいだった地域)のときは、大変お世話になりま …

生活保護受給中に、あまりにも辛くて、病院に車に乗っていってしまい、ケースワーカーさんに見つかってしまいました

大阪府 女性 50代 H様 このたびは、ほんとうにお世話になりました。生活保護受給中に、あまりにも辛くて、病院に車に乗っていってしまい、ケースワーカーさんに見つかってしまいました。 言い訳も理由も聞く耳を持たず、ただただ …

おかげ様で、ひとみ先生にお願いしてから2週間ぐらいで決定し、無事3月から頂くことになりました

鹿児島県 G様 40代女性 行政書士ひとみ法務事務所 三木 ひとみ先生 この度は大変お世話になりました。おかげ様で、ひとみ先生にお願いしてから(生活保護開始が)2週間ぐらいで決定し、無事3月から頂くことになりました。 不 …

事務所ブログ

熊本地震の義援金で生活保護停止350世帯以上の「からくり」

2016年4月に発生した熊本地震。被災者生活再建支援法による支援金や義援金の交付を理由に、今年2月までに376世帯が生活保護費の支給を自治体に打ち切られていたことが毎日新聞による関係機関への取材でわかったそうです。 →熊 …

家庭訪問時の不適切な言動を問うたら、「業務妨害で刑法に触れる恐れがある」と発言した大阪市生野区の生活保護適正化部門の職員Y氏

生活保護法は日本全国、公平平等に交付施行が当然になされているはずだが、役所によって生活保護申請者や受給者に対してこうも異なる対応をするのかと日々驚かされる。 生活保護の実施運用は地域によって全く異なる たとえば、大阪府大 …

2018年生活保護費の引き下げと世の中の誤解

行政書士法人ひとみ綜合法務事務所で生活保護相談を担当している、行政書士の三木です。 生活保護費が下がることについて、皆さんはどう思いますか?政府が、生活保護を受けておらず、アルバイトなど生活保護費を下回る収入で生活してい …

前代未聞【特定行政書士作成の生活保護申請書の返送】をした佐賀県唐津福祉事務所

行政書士法人ひとみ綜合法務事務所で生活保護相談を担当している、行政書士の三木です。これまでに数千件を超える生活保護相談に対応、申請や受給をサポートしてきました。 今日は、驚くべき前代未聞の対応をしてきた役所がありました。 …

外国人の生活保護受給は憲法違反なのか

ネット上には生活保護および在日外国人に対する様々なヘイトスピーチがありますが、その中に「外国人が生活保護を受給するのは違憲である」というものがあります。 発端は2014年の最高裁判決 数年前、とあるツイートが物議を醸しま …

PAGETOP
Copyright © 行政書士法人 ひとみ綜合法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.