三重県 30代 女性 S様

三木 ひとみ先生へ

先生が、私がもうこの世界から消えてしまいたい位に、抑うつ状態になっている時に、神様の様に、私の心を救って下さいました。

先生がお助けして下さったお陰で、障害があっても、なんとか今、無事に生きている事ができています。

感謝の気持ちがありすぎて、言葉では上手く書けませんが、人間不信の私を先生は優しいお言葉で守って下さいました。
本当に、本当にありがとうございます。

また、困ったり不安な時は、相談させて頂きますので、今後ともどうかよろしくお願い致します。
文章下手で申し訳ございません。
先生の事、本当に信頼しております。感謝でいっぱいです。

関連記事

やっぱり専門家が入ると早いなあと感心してしまいました... 自営業を行う者ですが、高齢と病弱で仕事も休みがちになり、得意先の廃業や代替わりなどで収入も無くなり、三年ほど前から赤字決済が続き蓄えも底を尽きました。そして、借金だけが何千万と残り、途方に暮れていました。 年金もかけていないし、収入がないため、債務整理や自己破産をしたくても、その手続もできなけ...
未来に少し、光が見えた気がしました... 三木 ひとみ先生へ この度は色々と助けて頂き本当にありがとうございました。 精神的にも参ってしまっていて、自分の人生の事が何も考えられず、死んでしまいたいとさえ思うようになっていた時、こちらのサイトを見つけました。 不安の中、電話をかけたとき、とても気さくに話を聞いてすぐに対応して頂いたの...
生活保護受給者に後発薬(ジェネリック医薬品)の義務付けの是非... 生活保護制度においては、健康で文化的な最低限度の生活を保障するために、必要な各種費用に応じた名目のお金が支給されます。たとえば、アパートなどの家賃である「住宅扶助」、食費や光熱費などの「生活扶助」は、ご存知の方が多いでしょう。 このほかにも、制服や学用品費などは「教育扶助」、介護サービスの費用...
また何か困り事のときは、ぜひお力お借りできればと思っております... 三木先生へ この度は本当にありがとうございました。 相談相手も無く助かりました。少し時間はかかりましたが、決定してもらい大変感謝しております。 また何か困り事のときは、ぜひお力お借りできればと思っております。 本当にありがとうございました。 お体に気を付けてがんばってください。 ...
私と生活保護 生活保護相談を担当している、行政書士の三木です。とある出来事(ブログの最後に書きます)を機に、勇気を出して、私自身の生活保護にまつわる実体験を公表することにしました。 昔から勉強熱心で真面目な学生だったと自負する私は、日本で進学校に進学したあと、一年間国の公的支援を受けて米国留学を果たしました...
生活保護受給者が多数暮らす自立支援住宅での火災事故を受けて... 北海道札幌市にある、生活保護受給者の方も多く暮らしていた自立支援住宅で先日火災が起こり、多数の死者を出したことは記憶に新しいでしょう。 →生活保護者の自立支援施設で火事。11人が死亡 札幌・東区 P1140740 / Truthiness こうした生活困窮者の方々が入居する施設の劣...
2018年秋の生活保護費見直しと子どもの貧困... 生活保護相談を担当しています、行政書士の三木ひとみです。 今回は、私が最近危惧している今年の生活保護費見直しと、それに伴う子どもを持つ生活保護受給家庭への影響について書きたいと思います。 2018年生活保護基準の見直しで保護費が減額 生活保護の受給金額は、居住場所や家族構成、家賃額...