生活保護申請サポート・ご相談は行政書士法人ひとみ綜合法務事務所までお問合せください。数千件の業務経験を持つ経験豊富な女性行政書士が迅速かつ丁寧に対応します。

お客さまの声

  • HOME »
  • お客さまの声
  • 私の住んでいた(大阪市内の某区)では、女性と同居での生活保護受給の前例がないからと、役所は渋り、家庭訪問にさえ来てくれない状態で3週間が過ぎました

    大阪府 50代 T様 男性(ご本人の申請)

    三木先生へ

    生活保護の件では大変お世話になり、ありがとうございました。これもひとえに、三木先生のおかげです。
    私が三木先生に相談のメールを出そうと思ったのは、先生のブログを発見し、他の大勢の相談者の方々の感想文を読ませてもらったのがきっかけだったからです。だから、私の手紙も、苦しんでいる誰かと、三木先生との架け橋になればと、ペンを取ることにしました。

    まず、私自身のことを少し書きます。私は長い間、浮気をしていました。それらが原因でうつ病を診断されたのは10年ほど前ですが、今でも当時の自傷行為の傷跡が手首にくっきりと残っています。
    そして、今から8年前のことです。勤めていた会社が倒産しました。すぐにも就職活動を始めましたが失敗の連続、家族を養う自信をなくしました。当時長男は高校一年、長女は大学を卒業し働いていました。妻はもともと心臓が弱く喘息持ちで発作も多く、定職に就いたことはありませんでした。そんなとき、浮気相手が言ったのです。
    「働けなくても、(お客様のお名前)一人くらいなら私が養うよ」と。

    私は考えました。離婚すれば、妻は母子家庭となり働ける身体ではないので、何らかの保護を受けらえるのではないかと。それと、娘の給料があれば、親子三人暮らしていけると思ったのです。

    考え抜いた末、反対する家族を捨て、浮気相手のマンションに転がり込みました。家族のためみたいなことを言っていますが、それは自分自身への言い訳で、ただ逃げただけでした。本当に最低な父親でした。

    浮気相手と暮らし始めて、またハローワークにも通い、仕事を探していました。ですが、やはり見つかりませんでした。結局、彼女に甘える居候生活が始まり、気が付けば8年の歳月が過ぎていました。

    そして昨年末の11月の終わり、突然、彼女に告げられました。
    「もう疲れた。もう養っていけないから、年内までに出て行ってほしい」と。そして、気が付きました。家族を捨て、引きこもりで知人も失い、仕事もなくお金もなし。唯一のつながりだった彼女と縁が切れれば、住む家さえなくなり、残ったのは800万近い借金だけ。もう、私には何一つありません。

    それ以来、生きる希望もなくなり、死ぬことばかり考えるようになりました。ですが、もし私が自殺したら、捨てた家族はどう思うだろうか?泣いてくれるだろうか。それとも清々するだろうか。それ以前に、自分の父親が自殺したと知ったらどう思うか。これ以上、辛い思いをさせたくない、いえ、これ以上恨まれたくない、そんなことを考えるようになりました。

    ですが、この世から消えてしまいたいという気持ちはなくなりませんでした。毎日インターネットで、「自殺」などのキーワードを使い検索ばかりしていました。
    そんなとき、先生のHPを偶然みつけたのです。そこには、私と同じように自殺を考えながらも、三木先生に助けられた方が多く、おられました。ただ私の場合、高齢者というほどでもなく、うつと診断されたのも10年ほど前のことで、今はただの引きこもりです。さらに、まだ居候生活中。駄目元で、誰かに聞いてもらいたいというくらいの気持ちでメールしました。

    ですが、返事はすぐに来ました。そして、私の話を聞いてくださり、
    「大丈夫ですよ、生活保護は受けられますよ」
    と優しく言ってくださり、救われた気分になりました。

    ですが、私の住んでいた(大阪市内の某区)では、女性と同居での生活保護受給の前例がないからと、役所は渋り、家庭訪問にさえ来てくれない状態で3週間が過ぎました。それを三木先生に伝えると、すぐに役所に電話をしてくれました。

    よほど先生の言葉が効いたのか、それからすぐに家庭訪問があり、結果、女性宅から出ることで受給可というのは役所の判断でした。そして、役所指定の病院に入院、ようやく生活保護受給決定となりました。今は独り暮らしを始めています。

    三木先生には、生活保護の相談に始まり、保護受給者にも親切に物件を紹介してくれる不動産会社の紹介、そしてこれからですが、破産手続きをするための司法書士の先生まで紹介下さいました。本当に、何から何まで、ありがとうございました。

    今後はなんとか立ち直り、自立していきたいと思っていますが、それまでに保護打ち切りなどあるかもしれないと考え出すと、不安になります。また何か困ったら、相談させてください。どうかよろしくお願いします。

    最後に、三木先生には心から感謝しております。本当にありがとうございました。

    大阪市(お客様のお住まいの区)  (お客様のお名前)

  • そんな中、インターネットで三木先生のホームページに目がとまり、とりあえずネットのメールの方で連絡してみようと行動に出ました

    大阪府 50代 H様 女性(義理の娘様)

    三木 ひとみ先生へ

    この度は義母の生活保護申請に早々に対応していただきありがとうございました。義母とは、一緒に生活をしていませんでしたが、2017年の4月に急に認知症を発症し早いスピードで症状が進み、家では介護ができない状況となり、長男である我が家が経済的に援助をしなければならない状況となり、7月に義母を施設に入所させることとなりました。

    しかし、急な入所でもあり、すべての費用を我が家でというのも限界があり、インターネットや知人、施設のケースワーカーに相談もしましたが、生活保護受給はなかなかスムーズにいかない、時間もかかる、それなりの力のある議員さんにお願いするしかないetc. 様々な意見もあり悩んでおり、次第に自己の体調にも変化が生じてくるようになりました。

    そんな中、インターネットで三木先生のホームページに目がとまり、とりあえずネットのメールの方で連絡してみようと行動に出ました。とてもメールをする迄に不安や勇気がいりましたが、自分が行動し前に進むしかないという思いでした。

    おかげ様で三木先生の早い対応で3月に保護決定をいただきました。市からの連絡がなかなか来ないので先生にメールもしましたが、お忙しい中、すぐに返信をくださり、アドバイスをもらい安心しました。

    三木先生に出会えたこと、本当に感謝いたします。ありがとうございました。

    (お客様のお名前)

  • もう相談するか死ぬか、2つに1つしか方法がなく、最後の望みでご連絡をさせていただきました

    大阪府 40代 O様 男性

    三木先生へ

    この度は大変お世話になりました。本当に色々な相談にのっていただき、また色々なアドバイスをしていただき、心から感謝しています。
    申請日から2週間ほどで、生活保護も無事に決定しました。

    最初は三木先生にメールするのがとても不安でしたが、相談して生活保護を受けるしか自分には生きていく方法がなく、最後の望みでご連絡させていただきました。メールを送った後、すぐに返事があり、
    「大丈夫ですよ、必ず生活保護は受けられますよ!」
    という優しい言葉に、とても安心することができました。面談後は、三木先生が迅速に対応してくれたおかげで、本当に驚くほどスムーズに事が運び、初めてメールをした日から一ヵ月も経たずに生活保護が決定しました。本当に、もっと早く相談していればよかったと心から思うほどでした。

    もし、自分と同じように生活に悩んでいる方がいるのであれば、自分の経歴なども伝えながら、少しでも悩んでいる方の背中を教えてあげられればと思いますので、この手紙をホームページなどに載せていただいてもかまいません。

    私は前職の仕事中、熱中症を一ヵ月に二度も発症し、二度目は救急車で搬送され、危ない状態だったのでそのまま二日間入院させられました。労災なのに入院保険も何割か自腹で払わされる、ブラック企業のような会社でした。
    二度も熱中症で倒れた為その後、業務内容の変更を急に言い渡され、会社にも居づらくなり、退職することになり、住んでいた会社の社宅から実家へ帰らなければなりませんでした。

    実家に帰ってからしばらくして、うつ病を発症しました。発症後は、何年もうつ病で働くことができず、年金生活の両親に、食事など最低限のお世話になる形だったので、病院に行くこともなかなかできず、引きこもりのような生活をすることしかできませんでした。

    この間、生活保護を受けようと一人で役所に相談に行きましたが、家族と同居しているという理由で、生活保護は受けることができないと門前払いでした。やっぱり生活保護を受けることは無理だと、諦めるしかありませんでした。

    この頃、ネットで行政書士という存在を知りましたが、それ以上詳しく調べずに、どうせ自分は家族と同居している以上、生活保護を受けることはできないだろうと諦めていました。

    会社を辞めてから、気づけば七年以上が経っており、うつ病も全く良くならず、いよいよ両親も年金だけで家を維持して生活していくことが困難になり、生活もずっと赤字続きだったので、とうとう家族で住んでいる家の土地を売って、両親二人がやっと暮らすことができる、小さなマンションへ引っ越すことを父が決断しました。

    一緒についていく事などとてもできず、もうこれ以上、両親に迷惑はかけられない、でもお金もないし、これから生活もできない・・・。うつ病はしんどいし、死んだ方が楽になるなら、ちょうどいい機会かもしれない・・・。そう思い、最後に今までの感謝の気持ちを込めて、両親の引越が終わってから死ぬしかないと思いました。

    ネットで、楽に死ねる方法を調べたり、死んだ後に両親に賠償金など請求されないような場所、発見してもらいやすい場所などを毎日調べたり考えたりしていました。

    この頃は毎日本当にしんどかったですが、その反面、やっと楽になれるなぁと、変な安心感も少しありました。今考えると、うつがひどかったので、精神状態がおかしかったんですね。

    そんな苦しい時に、行政書士の存在をフッと思い出し、最後に詳しく調べてみようと、「生活保護・相談」などで検索したところ、三木先生の、ひとみ綜合法務事務所の存在を知りました。

    ホームページを見て、依頼された方の感想などを読みましたが、やはり最初は不安で連絡をためらいましたし、もし相談しても自分の場合は無理だろうと諦めていましたが、もう相談するか死ぬか、2つに1つしか方法がなく、最後の望みでご連絡をさせていただきました。

    メールを送った後はすぐに返事していただき、「大丈夫ですよ、必ず生活保護は受けられますよ!」という三木先生の優しい言葉にとても安心させられたのを今でも覚えています。

    その後、初めてお会いした時の面談で、現状聞き取りなどをしていただいた結果、生活保護申請をすぐに出し、生活保護を受けることが可能であると言っていただいたときは、とても安心し、とても嬉しかったです。

    自分のケースの場合は、まず実家を出て行く必要がありましたが、住む場所もその日の面談ですぐに紹介していただき、早急に入居することもできました。
    その後は三木先生の迅速な対応のおかげで、初めて連絡してから一ヵ月も経たずに生活保護を受けることができました。

    今は生活保護が無事に決定したことで、病院に行くことも可能になり、精神的にもまずまず安定しており、本当に、三木先生のとても迅速な対応や、親身になって相談にのっていただけること、いつもこちらの質問に、丁寧なご返答をしてくださることなど、本当に感謝しかありません。

    またこの先、色々と相談させていただくことがあるかと思いますが、そのときは、変わらずアドバイスを宜しくお願い致します。

    大変お世話になり、心から感謝しております。本当にありがとうございました!

    (お客様のお名前)

    ※担当行政書士三木ひとみより補足
    O様の場合はご実家が競売にかけられすぐに全員で家を出て行かなければいけない状態で、かつご両親の引越先は狭くてO様が同居ができないとのことでした。そのため、当事務所提携の税理士の先生にお願いして、初期費用一切なしで税理士事務所の上のアパートに入居させてもらい、即日申請となりました。

    実家にお住いでご本人に収入資産がない場合、甘い言葉で営業して、いわゆる貧困ビジネスのように入居者の方の生活保護費の大半を施設運営者や大家、不動産会社が搾取するようなところもありますので、注意が必要です。

    また、必ずしも引越をしなければ生活保護を受けられないわけではありません。役所が「自分で引越をしてから申請しないと生活保護を受けられない」という表現をして門前払いをするケースが多々見受けられますが、引越費用を捻出できる方であれば、そもそも生活には困窮しないでしょう。
    行政書士ひとみ綜合法務事務所は、憲法第25条で保障された最低限の生活が守られるようにスタッフ一同、全力でサポートしています。

  • 私たちのように、無年金・無資産の親御さんの支援をされ、またほかの親族からの支援が受けられず困っていらっしゃる方もいると思います

    和歌山県 40代 女性

    拝啓

    陽春の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

    この度は義母の生活保護申請にはご尽力いただき、ありがとうございました。
    お蔭様で保護決定をいただき、3月7日支給していただきました。

    長きにわたり支援してまいりましたが、在宅での介護が不可能となり、施設入所、入退院の繰り返しで自分たちの生活が立ち行かなくなっておりました。

    福祉事務所では受け付けてもらえず、悩んでいたところ、三木先生のホームページに出会いお願いさせていただきました。
    面談のときからとても迅速な対応で、あっという間に申請がなされ、家庭訪問まで同席していただき、保護決定をいただいたときは、本当に肩の荷がおりました。

    定年まであと少し、自分たちの生活の立て直しができると安堵しております。本当に感謝しております。

    私たちのように、無年金・無資産の親御さんの支援をされ、またほかの親族からの支援が受けられず困っていらっしゃる方もいると思います。自分たちの生活もある中で、やはり大変なことです。思い切って三木先生にお願いして良かったです。
    ありがとうございました。

    先生とは最初の面談の時お会いして以来、その後の対応は主人がしておりましたので、この場を借りて御礼申し上げます。

    お忙しい中、お身体を壊されませんよう、今後益々のご活躍をお祈りいたしております。

    敬具

    三木先生
    榎田先生

    【ご主人のお名前】
    【奥様のお名前】

  • 第3回目の生活保護費からは、銀行振込にて支給を受けております

    京都府Tさん 50代 男性

    行政書士ひとみ法務事務所
    三木ひとみ先生

    昨年、11月私の生活保護申請の代理申請を快くお受け頂き、ありがとうございました。
    下京区福祉事務所様の一連の手続き、面接、家庭訪問等は円滑になされ、平成29年(2017年)12月20日に第一回目の生活保護費を下京区福祉事務所様で、直にお受け取り致しました。
    年明け、平成30年(2018年)1月末に支給される第3回目の生活保護費からは、銀行振込にて支給を受けております。

    ※補足
    京都在住のTさんは高度高血圧症と統合失調症を患っており、なかなか他者との意思疎通もうまくいかず、自身での生活保護の申請がかなり困難な状況でした。しかし当事務所にサポートを依頼され、何度も当事務所とやりとりをしながら申請を進め、最終的に無事保護が開始されることになりました。

  • 先生がお助けして下さったお陰で、障害があっても、なんとか今、無事に生きている事ができています

    三重県 30代 女性 S様

    三木 ひとみ先生へ

    先生が、私がもうこの世界から消えてしまいたい位に、抑うつ状態になっている時に、神様の様に、私の心を救って下さいました。

    先生がお助けして下さったお陰で、障害があっても、なんとか今、無事に生きている事ができています。

    感謝の気持ちがありすぎて、言葉では上手く書けませんが、人間不信の私を先生は優しいお言葉で守って下さいました。
    本当に、本当にありがとうございます。

    また、困ったり不安な時は、相談させて頂きますので、今後ともどうかよろしくお願い致します。
    文章下手で申し訳ございません。
    先生の事、本当に信頼しております。感謝でいっぱいです。

  • 先生は私の話を聞いて「そんな状況なら一刻も早く」と言わんばかりに、もの凄いスピードで手続きの準備をして下さいました

    三木 ひとみ様

    拝啓
    時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。その節は、大変お世話になりました。

    私が三木先生と出会い、生活保護を受けられるようになった事により、どれだけ生活を改善することができたかと思うと、感謝の気持ちでいっぱいです。

    ようやく、少し生活も落ち着きはじめ、こんなことを考えるようになりました。
    「今もどこかで、誰かが以前の私のように、どん底の生活の中で苦痛に耐えながら不安に怯え、毎日を過ごしているかも知れない。だとすれば、その方も私のように救われてほしい。」
    そして、私の経験を紹介することで少しでもお役に立てるなら幸いだと思い、この度お便りした次第です。

    まず、私の年齢は40代半ばで、最終学籍は中卒です。中卒というハンデを吹き飛ばすかのようにがむしゃらに働き、19歳で独立。30歳になる時には従業員数約50名の中小企業の社長になっておりました。事業は次々に成功し、お金儲けを難しいと感じたことは一度もありませんでした。
    そして41歳を迎え、悠々自適の生活を送っていたのですが、突然不幸は訪れました。

    私は今までにも数々の横領や詐欺などに見舞われましたが、そんなことをもろともせず成功し続け前進し続けてくる中で、自分でも騙されやすいと自覚していました。
    そのため、役員や重要な仕事はすべて幼馴染や兄弟などの身内で固めていたのです。しかしながら、それがいけなかったのか、一言でいうと乗っ取りにあってしまいました。
    そこからが、転落人生の始まりでした。

    色々と取り返すために動いてはみましたが、結果だけ申しますと、ほとんどの財産を失い生活が一転してしまったのです。

    何億円というお金を失いながらも、そこからまた再スタートと思い、売れるものはすべて現金化して、そのお金で事業を始めました。しかし、最後に信頼していた家族にも裏切られ、それも全て失ってしまいました。
    最後に残った200万円程度のお金を切り崩しながら生活し、新たな商売を始めようとしていた時のことでした。親友が、「一緒に仕事を始めよう」と声をかけてくれ、これが自分にとって最後のチャンスだと思い、なけなしの100万円を預けたところ、それも残念なことに盗られてしまいました。

    もう、ここまで来たら資金も無くなり起業することなど考えられなくなりました。ただ、怒りと虚しさで途方に暮れていましたが、いよいよ貯金も底をつきかけたので、なんとか生活をしなければと慌てて仕事を探し始めました。
    しかしながら、40代半ばにもなる中卒を簡単に雇ってくれる気前の良い会社など中々見つかりませんでした。そして、ここでは詳しくは書きませんが、私はもう一つのハンデ(持病の事ではない)を背負っているため、それも仕事が見つからない大きな要因でもあります。

    このままでは、家賃や光熱費も払えず下手すれば餓死してしまう等と、恐怖を覚えたので、電気が止められるまでの間にこの状況から抜け出せるすべがないかとインターネットで調べられるだけ調べようと色々と検索しました。その時に、生活保護というキーワードが目に止まりました。

    しかし、自分が生活保護を受けるなんて・・・と恥ずかしさや情けなさを強く感じ、自分には関係のない事だと一旦は見送りました。そこには、変なプライドを捨てきれない自分がまだいたのだと思います。

    しかし、そんなことを言ってもおれず、それ以外にはこの緊急事態を抜け出す方法がないと思い、再びネット検索し生活保護について調べてみました。。色々と閲覧しましたが、申請はとても面倒で、何度も役所に足を運んだ等という方々の意見が多数ありましたし、申請しても生活保護を受けられる人は極めて少なく、受けるのはとても難しい等といった情報も多く、「自分には無理だろう」と思いました。想像ですが、同じように悩んでいる方は、世の中には沢山おられると思います。

    そんな中、生活保護というキーワードでネット検索している時に三木先生のホームページを見つけたのです。
    すぐさま興味を持ちましたが、時間帯が深夜だったということもあり、まずは私の近況を問い合わせフォームから送ってみました。すると翌日には返信をいただき、その後に電話で三木先生とお話させていただきました。
    私はとても緊張しておりましたが、とても感じの良い先生という印象で、
    「この先生なら、話しても恥ずかしくないかも」と思い、面談させていただく事になりました。

    面談の際に私の詳しい近況をお話させていただき、生活保護について詳しい説明を受け、お願いしたいとその旨伝えたところ、先生は私の話を聞いて
    「そんな状況なら一刻も早く」
    と言わんばかりに、もの凄いスピードで手続きの準備をして下さいました。

    問い合わせメールをしてから、一度面談しただけで、2日後には役所へ行くことになりました。そして、個人差はあるようですが、私の場合は約2週間で生活保護を受けられるようにないました。これは稀なようですがとても助かりました。

    そして、賃貸契約に伴う初期費用、引越し業者費用、粗大ごみ処分費用も全て生活保護の受給者ということで、役所に負担していただきました。
    また、現在も勿論、毎月の家賃も住宅扶助としていただいており、必要な光熱費や食費等も生活扶助で、なんとかまかなえておりますので極端な話ですが、ホームレスにならずに済みました。

    私の場合は持病があるのですが、医療費も生活保護で負担していただけるおかげで通院できますし、お金がないので通院できない、薬が飲めない、などという精神的な負担がなくなり、嬉しく思っております。

    ようやく、私が人生の再スタートする為に、落ち着いた環境を手に入れることができました。
    これも三木先生にお手伝いをしていただいたおかげです。現在は仕事を探しながら、このまま仕事が見つからない場合も想定し、自営業の準備も着々と進めております。

    あの時、先生に思い切って相談してみて本当に良かったです。また何かありましたら相談に乗っていただければ幸いです。

    今後ともよろしくお願い申し上げます。
    底冷えのする日が続いていますので、風邪などひかれませんようにご自愛ください。

    敬具

    2018年2月19日
    (お客様のお名前)

    大阪府 男性 40代 T様

« 1 2 3 11 »
PAGETOP
Copyright © 行政書士法人 ひとみ綜合法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.