この度はありがとうございました。私は両親が亡くなり、その後に起こった様々な精神的苦痛により、人が怖くなり、働くことができず、貯金を切り崩して生きてきました。

しかしながら、そのような生活も限界が来てしまい、市役所に相談に行ったのですが、「若いからまだ働けるでしょう」と言われてしまい、私が「人が怖いんです」と今の精神状態を言ったのですが、対応職員の態度や対応は悪く、生活保護を受けることができませんでした。途方にくれていたときに、三木先生に出会うことができました。

三木先生に出会ってからは職員の態度も変わり、水際作戦を取られることもなく、スムーズに申請することができました。その申請もスムーズに通りました。また、三木先生はいつでも相談に乗ってくださり、アドバイスもくださいました。そのことにより精神的に本当に楽になり、安心して生活をすることが可能になりました。感謝してもしきれないほどです。本当にありがとうございました。