大阪府 20代男性 N様

三木 ひとみ様

拝啓

先生のご支援のおかげで、先日無事に生活保護費を受け取ることができました。心療内科とカウンセリングへの通院を始めて、少しずつではありますが、鬱病との付き合い方を考えられるようになりました。朝の散歩と読書を日課にして、穏やかな日々を過ごしています。

ひと月前の私は、強迫的な不安に襲われていました。家族がせん妄や統合失調症を患い、次々と入院していくのを見て、同じように私も私でいられなくなってしまうのではないかと怯えていました。

自殺するか、気が触れて誰かを殺してしまうのではないかとまで、追い詰められていたときに、藁にも縋る思いで、三木先生の事務所を訪れました。

きっと、たくさんの相談を受け、たくさんの仕事を並行して進めていらっしゃるのだろうと思います。ほかのお客さんからの電話に応対しつつも、私の相談を親身に聞いてくださいました。疲弊しきった私を労わるように、生活保護受給に向けた今後のお話を分かりやすく説明してくださいました。帰りの電車の中で、助かったと胸を撫でおろしたことをよく覚えています。

生活保護制度を批判する人は多いですから、先生の仕事について、非難する人もいるのかもしれません。しかし、少なくとも私という一人の人間が、先生の力で死なずに済みました。今は、楽しいと感じる瞬間もあるし、まだ生きていたいと思えます。

誰かを助けられる、先生のような立派な人になりたいと思います。そのためにも、今はゆっくりと休み、力を溜めようと前向きな気持ちになれます。
全て先生のおかげです。

汚い字に加え拙い文章で申し訳ありませんが、先生もどうぞご自愛ください。
本当にありがとうございました。

2018.10.8 (お客様のお名前)
敬具

関連記事

あのとき、一人で悩んでいたら・・・本当に電話をしてよかったなって思います... まさか、自分が休職をして仕事ができなくなり、生活保護の申請をすることになるなんて、あの頃は思ってもいませんでした。 地域の窓口へ行き、相談してみましたが、やんわりと断られました。 生活保護の申請をする!という気持ちを明確に伝えきれずに、ただの相談として終わってしまったのです。 日々の生活も、ど...
妹の、「もう生活保護を考えた方が良い」と云う再三の呼び掛けにも、耳を傾ける事が、できませんでした... 千葉県 50代女性 M様 前略  初めてお便りさせて頂きます。 一度もお会いすることなく、一度もお話することもなく、この度はご尽力いただき、本当にありがとうございました。 昨年4月にがん再発の宣告を受けました。 それでもなお・・・細やかなプライドと自身の力を過信していました。 「ま...
本当に、私たちを救ってくれて、ありがとうございました... ※お子さん妊娠中の若いご夫妻、役所にご自分達で行かれるも「働きなさい」「親に頼りさない」と相手にしてもらえず、どこにも誰にも頼れず、私共の行政書士事務所にご相談当時は車中生活をされていました。現在は生活保護も無事に決定し、お引越費用も行政から支給してもらえることが決まり、入居先の物件をお探し中です。...
申請から決定する期間も早く、主人もすぐに病院へ通院することができ... 大阪府 K様 三木 ひとみ様 この度はお世話になり、ありがとうございました。私が三人目の子どもを出産したばかりの中、主人は体調不良のため会社を退職し、はじめはどうにか暮らしていましたが、どんどん生活も苦しくなり、主人の体調も悪化してしまって、明日どうしようとの不安の中、区役所に何度も足を...
2018年秋の生活保護費見直しと子どもの貧困... 生活保護相談を担当しています、行政書士の三木ひとみです。 今回は、私が最近危惧している今年の生活保護費見直しと、それに伴う子どもを持つ生活保護受給家庭への影響について書きたいと思います。 2018年生活保護基準の見直しで保護費が減額 生活保護の受給金額は、居住場所や家族構成、家賃額...
ホームページと違って冷たい態度であしらわれたらどうしようという不安は、お話をさせていただきすぐに解消... 大阪府 50代女性 O様 三木先生 この度は、母の生活保護申請にお力をお貸し頂き大変お世話になりました。また、受給後も度重なる生活保護担当者からの電話での打診の相談にまで親切に対応して下さり、本当に感謝しております。 一年前に、(徐々にだったかもしれませんが)突然とも言える認知症と...
そんな中、インターネットで三木先生のホームページに目がとまり、とりあえずネットのメールの方で連絡して... 大阪府 50代 H様 女性(義理の娘様) 三木 ひとみ先生へ この度は義母の生活保護申請に早々に対応していただきありがとうございました。義母とは、一緒に生活をしていませんでしたが、2017年の4月に急に認知症を発症し早いスピードで症状が進み、家では介護ができない状況となり、長男である我が...