千葉県 30代女性 T様

三木先生へ

お仕事おつかれさまです。
今回いろいろお世話になりました。不安なことを三木先生に電話すると、やさしく、いろんなことをおしえてくれて、すごくうれしかったです。先生のおかげです。
本当にありがとうございました。
わからないことや、なにかありましたら、ご連絡いたしますので、よろしくお願いします。
本当にありがとうございました。
かんしゃの気持ちでいっぱいです。

【担当行政書士より補足】
T様は母子家庭で生活に大変困っていたにもかかわらず、千葉の役所に助けてもらえませんでした。前々から家賃も滞納、でも親切な大家さんはT様母子を追い出すどころか、食事の差し入れなどをしてくれたので何とか命をつないでいらっしゃいました。

行政書士法人ひとみ綜合法務事務所とのご縁は、かれこれ2年前に、全く別のお客様が滋賀県で生活保護を申請しようとして門前払いされ、行政書士事務所にご相談に来られ、生活保護受給に至ったことにさかのぼります。

そのお客様が無事に生活保護が滋賀で決定した後、病気療養のため九州へお引越を希望されました。でも、生活保護費は日々の生活費に消えてしまうため引越費用がなく、役所に相談しても引越費用は出せないと言われ、再び行政書士法人ひとみ綜合法務事務所にご相談いただいたのが今年の春でした。特定行政書士が申請書を作成し代理提出したところ、一ヶ月足らずで滋賀県の福祉事務所は九州への引越費用を出すことを決定してくれました。そして、無事にお客様は希望通り、ご家族で九州へのお引越が叶いました。

そのお客様のお引越先の九州の物件の家主様が、T様の千葉の賃貸物件の大家さんだったのです。
行政書士法人ひとみ綜合法務事務所がサポートしてきた、滋賀県から九州へお引越されたお客様はとても朗らかな方で、気さくに色々なお話をされたところ、全国に多数物件をお持ちの家主様は千葉のT様母子がとても生活に困窮されていることを思い出し、行政書士法人ひとみ綜合法務事務所を紹介してほしいとお客様に打診していただいたことで、今回のT様の生活保護決定へとつながったのです。
人の優しさ、つながりを感じ、お手伝いをした私も心あたたまる一件でした。