埼玉県 40代 M様男性(70代のご両親の申請)

三木先生

ご無沙汰しており、本当に申し訳ありません。
昨年末に、父の施設への入所が急遽決まり、慌ただしく過ごしておりまして、ようやく一息ついたところです。
昨年の父の生活保護申請の際は、大変お世話になり、ありがとうございました。

私は、生活保護以下の年金で暮らす父の経済的援助を自分の貯金を切り崩しながらしておりましたが、とうとう底をついてしまい、困り果てておりました。それで、父が市に保護申請に行っても門前払い、また法テラスやNPO法人などに何回も助けを求めても、誰も助けてはくれませんでした。三木先生だけが唯一、一人救いの手を差し伸べて下さいました。

先生はとても頼りがいがあり、思いやりにあふれていました。心理的に弱っていましたが、先生の励ましで何度も勇気づけられました。

先生から、保護決定の第一報を、回答の期限ぎりぎりでいただいた際は、不覚にも、安堵と感激で目頭が熱くなり、嗚咽を漏らしてしまいました。

先生のおかげで生活の立て直しの第一歩を踏み出すことができました。本当にありがとうございました。

また、今後とも末永く、よろしくお願い申し上げます。

(お客様のお名前)