正直に言うと、生活保護なんて、自分自身が情けなくて、一瞬ですが、死んでしまいたい気持ちが頭の中をよぎりました。しかし、三木さんの心優しい励ましと応援のおかげで、今はこうして平穏な日々を送っています。

東京都O様、男性60代

初めて三木さんの事務所に電話して生活保護を受けられるのか、色々と相談しましたね。すぐに、三木さんからの折り返しの電話があり、優しい励ましと、いたわりの言葉をかけてくれました。

(伏せます)ヶ月後の(伏せます)日には、私の預金残高は(金額は伏せます)円になり、再度三木さんに連絡して相談したら、適切に分かりやすく誠実に真面目に、そして、私のことをいたわるように、アドバイスの言葉をかけてくれました。

それで、私はこの人なら、信頼、信用の出来る方と思い、生活保護の申請をお願いしました。

(伏せます)日には、三木さんの素早い対応で役所に申請の書類が届き、(伏せます)には、必要書類を役所に持参して、各書類にサインして、手続をすませ。その後(伏せます)には、私の担当ケースワーカーが自宅訪問して、生活の実態調査をして、(伏せます)には、担当ケースワーカーから電話で、保護決定の知らせを受けました。

(伏せます)までの11日間の出来事です。三木さんの心優しい思いやりのある、弱者をいたわる気持ちに、私は救われました。(伏せます)日には、役所に行き、担当ケースワーカーに会い、最後の手続きを済ませました。この時の私の全財産は、わずか(伏せます)でした。その場で(伏せます)月分の生活保護費を、直接受け取りました。この後は、毎月の保護費が指定の銀行に自動振り込みされます。

三木さんのおかげで救われ、生きていく希望の道が開かれました。正直に言うと、生活保護なんて、自分自身が情けなくて、一瞬ですが、死んでしまいたい気持ちが頭の中をよぎりました。しかし、三木さんの心優しい励ましと応援のおかげで、今はこうして平穏な日々を送っています。

言葉では言い尽くせない程の感謝の気持ちでいっぱいです。心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました。三木さん、これからもお仕事頑張ってください。多忙とは存じますが・・・くれぐれもお体に気を付けてくださいね。
「ご自愛くださいませ」
~さようなら~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。