先生の生活保護の考え方、知識は、かんぺきだと思います。相談のメールを送ると夜でもていねいで、わかりやすい返信をしてくれます。

愛知県 50代 H様男性

行政書士法人ひとみ綜合法務事務所
榎田様、三木様

(前略)
三木先生をはじめ、事務所の皆様には、大変、感謝しております。
改めて、お礼申し上げます。ありがとうございました。

25年以上、コンビニの経営や運営として働いてきましたが、50歳を過ぎ、夜勤や体力の衰えで仕事が続けられなくなり、3年前にコンビニを辞め、最低賃金に近い仕事を続けながら高賃金の仕事を探していましたが、57歳になり、スキルもないので、やはり最低賃金の仕事しか採用されません。

生活保護より収入が少なく、貯金で補填しましたが、数か月後、破たんして貯金がゼロになることが判明。

最初は、直接、役所へ行って生活保護の申請しようと思っていましたが、以前、税金の支払いについての相談を一人で交渉しても、相手にされず、商工会の人に同行してもらうと、役人は手のひらを返したように交渉がうまくいきました。

その体験から、三木先生の事務所に依頼して、間に入ってもらうことにしました。一人では、追い返されるのがオチでしょうから。
先生の生活保護の考え方、知識は、かんぺきだと思います。相談のメールを送ると夜でもていねいで、わかりやすい返信をしてくれます。けして不安になることも言わないし、頭から否定も、けしてしない。いつも、温かく見守ってくれるような内容で、安心させてくれます。

(中略)

私は無事、生活保護が通りました。が、まだ終わりではありません。
役所が何か言ってくるかもしれませんし、生活保護は新たなる生活の再スタート地点に着いたに過ぎないと思っています。
今後の未来の方が、大変なのかと不安も持っています。
ただ、心配ごとを考えながら生活していても、何の解決もしないし、前向きな考えを持って生きてゆくしかないと思います。
そのためにも、三木先生をはじめ、ひとみ綜合法務事務所の皆様には、今後もお世話になると思います。
この度は、本当にありがとうございました。
三木先生、事務所の皆様、ありがとうございました!今後共、よろしくお願いいたします。

乱筆乱文をお許しください。失礼いたします。
(お客様のお名前)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です