大阪府 30代 女性 O様

三木先生

いつもお世話になっています。三木先生には、いくらお礼を言っても足りないくらいです。

ケースワーカーのひどい対応にも、私の味方になってくれ、福祉事務所へ対応を改めるようにと書面を送って下さったり、私の不安などを聞いてくださって、本当に助けられました。私の体調を心配して下さったり、優しい気遣いと励ましの言葉に本当に涙が出ました。

三木先生がつらい経験をされているからこそ、つらい立場の私の気持ちも分かってもらえたのだろうと思いました。

本当に毎日がつらく、ケースワーカーへの不信感ばかりでした。誰にも言えなかった不安を吐き出せて、聞いてもらえて、何とかギリギリだった気持ちが少しずつ軽くなっていきました。

何度も、死にたい。死ぬしかないのかと、思っていました。
そんな気持ちを優しく癒してくれました。命の恩人です。本当に感謝しています。

私の体調が悪く、窓口支給に行けないときにも、わざわざ私の体を気遣って、心配してくれ、ケースワーカーに電話までして下さったのは、本当に有難かったです。人に会うのが怖く、電話も出れないときがある私に、窓口支給は本当に地獄のようです。

三木先生がいなければ、どうすることもできませんでした。怖くて三木先生に相談メールをしたときも、素早く返事をくださって、本当に助かりました。希望の光に思いました。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、弱い立場の私には本当に、一筋の光です。感謝しても、しきれません。三木先生に出会えて、本当によかったです。ありがとうございます。

どうぞこれからも、私のような困った方の力になってあげて欲しいです。生活保護の味方をするなんて!とバッシングもあるかもしれませんが、救われた人がたくさんいます。本当に感謝しています。三木先生の助けを待っている人もいると思います。

どうぞお体にお気をつけて、これからのご活躍をお祈り申し上げます。本当にありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。見捨てず、救って頂き、感謝でいっぱいです。またお便りします。色々、ありがとうございました。

関連記事

娘は統合失調症で、働くことができません... 三木 ひとみ様 私の娘の生活保護申請で大変お世話になりました。ご返事遅れ申し訳ありません。 娘は統合失調症で、働くことができません。先々月から入院中で、相当長くかかると思います。我々夫婦は、妻が60代後半で脳梗塞を患っています。私は70代前半、膵臓に疾患を持ち、癌になりやすい状況で、これ...
外国人の生活保護受給は憲法違反なのか... ネット上には生活保護および在日外国人に対する様々なヘイトスピーチがありますが、その中に「外国人が生活保護を受給するのは違憲である」というものがあります。 発端は2014年の最高裁判決 数年前、とあるツイートが物議を醸しました。ツイート主は元北海道議会銀。 このツイートに記載...
あんなに悩んでいたのが嘘のよう、最短の2週間で、保護決定通知が届いたのです... 三木先生へ ずっと悩んでおりました。 一人で福祉課に行けばいいのですが、勇気も無く、困っている状態を説明するのも苦手で、眠れない夜が続いていた時、こちらの先生方のご活躍と感謝のお手紙を拝読し、思い切ってメールしたのが2週間前のことです。 翌日、三木先生から御連絡をいただき、悩みを聞いて...
本人以外が生活保護の申請をするとき身内や親族の誰が代理で申請者になれるのか... 生活保護を受給するにあたり、まずしなければいけないのは役所への申請です。 この申請方法は生活保護法の第24条によって一定の事項が記載された書面でしなければならないとされていますが、同時に同じ条文の中で場合によっては書面でなくても良いとされています。 (申請による保護の開始及び変更) 第...
先生がお助けして下さったお陰で、障害があっても、なんとか今、無事に生きている事ができています... 三重県 30代 女性 S様 三木 ひとみ先生へ 先生が、私がもうこの世界から消えてしまいたい位に、抑うつ状態になっている時に、神様の様に、私の心を救って下さいました。 先生がお助けして下さったお陰で、障害があっても、なんとか今、無事に生きている事ができています。 感謝の気持ち...
生活保護費の過誤払いは返還不要 東京地裁... 一般的にはあまり知られていませんが、生活保護に関する裁判は毎年全国各地で多数起こされています。福祉事務所のミスにより多く支給されていた生活保護費の返還を求められ、裁判に訴えていたシングルマザーの全面勝訴判決は、一部メディアにも取りあげられました。 生活保護の返還金額の決定処分が取り消される ...
もっと早く先生にお会いできていれば、何度も役所に行き、期待し、打ちのめされることもなかったと思います... 兵庫県 50代 女性 M様 三木先生へ 拝啓 今年も半ばを過ぎてしまいましたが、お元気にお過ごしのことと思います。先生には、大変お世話になりました。 思い起こせば、昨年7月に父が入院したのが始まりでした。2~3ヶ月に1度高熱を出し、その都度救急車で行き緊急入院していましたが、...