T様 50代男性

※今回は都道府県名はあえて伏せさせていただくことにしました。

特定行政書士の三木ひとみです。お客様のお手紙は、某都道府県の刑務所から届いたものなので、先に経緯を少し補足説明しておきます。

こちらのお客様は、約1年前にはじめて行政書士法人ひとみ綜合法務事務所にお電話下さいました。訳あって住む家を失ってしまい、お電話相談があった翌日に(事前ご予約の上)大阪の行政書士法人ひとみ綜合法務事務所までトランクに入った荷物を抱えて新幹線でお越しになりました。

東京に住みたいという強いご希望だったので、当初は関東の良心的な不動産会社さんをご紹介しましたが、やはり行政書士法人ひとみ綜合法務事務所が本店を置く関西の方が安心ということでお気持ちが変わったということでした。通常の賃貸住宅の入居審査ではまず通らないとおっしゃっていましたが、行政書士法人ひとみ綜合法務事務所がご紹介する不動産会社さんや家主さんは、そうした通常の審査とは別枠で(行政書士事務所の信頼で)受け入れて下さることが多く、こちらのお客様も希望物件に初期費用免除、家賃も生活保護決定後の後払いでいいですよと親切な家主さんにおっしゃっていただき、無事に新生活をスタートすることができたのです。

通常、行政書士法人ひとみ綜合法務事務所がサポートをさせていただくのは、生活に困っている方が憲法第25条で保障される最低限度の文化的な生活を、生活保護決定により保障されることを見届けるまでなのですが(※その後の顧問契約をご希望の方を除き)、こちらのお客様からは大変感謝して頂いて、生活保護決定後も時折近況報告や、「あのときは助かりました」というお礼のお言葉やお気遣いを頂いていました。

着の身着のまま、荷物一つで他県からやってきた無職無収入の、通常の賃貸住宅の審査には通らない方をご厚意から受け入れて下さった家主さんにも、感謝の気持ちをしょっちゅう伝えていただいていたようで、礼儀正しく、お部屋も綺麗に使ってくれているとご報告を受けていたので、安心していた矢先のことでした。

残念なことに刑事事件を起こしてしまい、逮捕、起訴と同時に生活保護も廃止となりました。一通目のお手紙を頂く前から、家主さんを通して事実は把握していました。行政書士法人ひとみ綜合法務事務所は、当然ながら法令順守。そのため、過去の犯罪ではなく現在進行形で罪に加担してしまったお客様を擁護したり、無償でお力添えをすることはできないという結論は当初から一貫していました。ただ、今回、家主様が本当に心の広い方で、お客様が出所した際に再び入居できる物件を探すことはまず難しいだろうから、荷物も無償で預かっておいて、更生に協力しますというご連絡が行政書士法人ひとみ綜合法務事務所に入ったのです。

同時に、2通目のお手紙もお客様から届きました。行政書士法人ひとみ綜合法務事務所から、お客様が従前生活保護を受けていた福祉事務所に連絡を入れ、家主様のご厚意からのご意向を伝えたところ、出所後は再び同じ場所で生活保護を受ける予定ということで次の担当者にも引き継いでおきますと快く対応していただけました。

行政書士として内心とても複雑というのが正直なところですが、人間たしかに誰しも過ちを犯すもの、更生してやり直したいという人が道を断たれることのないよう手を差し伸べてくれる家主さんや福祉事務所に敬意を表したいと思います。

1通目(令和2年2月5日行政書士事務所着)

行政書士法人ひとみ綜合法務事務所
三木 ひとみ様、榎田様、大変お世話になっております。お二人には、大変残念なご報告をしなければなりません。

先生方の取扱の中には、多々有る話ですが、当方は(年月日のため伏せます)に事件を起こし、起訴されてしまいました。(年月日のため伏せます)付で、(家主様のお名前)様にもお手紙を書かせて頂きました。今後は(特定住所地のため伏せます)で暮らしますので、本宅は必要なくなりました。

此度は、この土地でのチャンスを頂きながら、大変不本意な結果となりますことを重ねてお詫び申し上げます。
(特定住所地のため伏せます)は、現状のままの明け渡しとなります。そのまま、そっくりとお譲りします。戸袋に入っている布団は、新品です。中古品が殆どですが、比較的、きれいな物ばかり揃っています。さて、現状のままの明け渡しの為、私の物も結構ございます。

本当は、合わせる顔すら無いのですが、お願い事が2つあり、便りさせて頂きました。
(以下はお客様の個人情報につながる情報も含まれているため、省略します。)

2通目(令和2年2月15日行政書士事務所着)

三木様

お疲れ様です。既にお聞きかと思いますが、(お客様がお住まいだった地域名)を離れる結果となりました。せっかくのチャンスを頂きながら、棒に振ってしまいました。
先日、(行政書士法人ひとみ綜合法務事務所がご紹介した家主様のお名前)様とお逢いして、今後の事、荷物の事を相談させて頂きました。

今回は(個人情報のため伏せます)ですが、待っていただき、荷物も預かっておきますとのお返事でした。

私は、(家主様お名前)様、と三木様、榎田様を平気で裏切ってしまいました。本当に申し訳ございませんでした。此度、ご縁を頂き本当に感謝しておりました。(家主様のお名前)様に至っては、もう一度チャンスを頂けました。本当に有難いことです。同じく、当方が帰りの際は、正直、もう一度、三木様のお力を借りたいと考えております。

先日、ご報告のお手紙をお送りしましたが、いろいろなお願ごとに関して、すべて(家主様のお名前)が対応して下さいましたので、ご迷惑をかけてすみませんでした。本当に、会わす顔もございません。先ずは、部屋の片付けが、一番気になっておりましたので、ホットしました。その辺の事も、短い面会時間ではありましたが、多少の話も出来ました。

(家主様のお名前)様も、
「三木さんに連絡した?」
と釘を刺されました。一度は連絡させて頂きました、と答えましたが、そんな感じです。今は、得意な(都道府県名は伏せます)警察特有のえげつないやり方で、がんじがらめにされております(涙)。私も、振っただけでホコリが出る体です。察していらっしゃったとは思いますが、今の私は落胆のみで、本来の私ではありません。

困りごとは沢山ありますが、それもさだめです。今は、文面的に何を書いているかすら定まらず、読みづらくてスミマセン。

面会等は、簡単には叶いません。更に、ひとみ先生のお知り合いの弁護士先生ならご存知だと思いますが、身内以外は、手紙すら書けなくなります。天涯孤独の私にとっては、地獄の他なりません。知人登録で大丈夫な所もあるようですが、ここでの唯一の気分転換が手紙ですから・・・誠に申し訳ございませんが、近々、一度、(家主様のお名前)様にもご連絡を宜しくお願い申し上げます。勝手ではございますが、取り急ぎご報告させて頂きました。

ご縁を頂くということは、運命です。人は一人では生きていけません。ご縁が有り、初めて人とつながります。この私の一度の過ちをお許し願えるのであれば、今後共、宜しくお願い申し上げます。

本当に申し訳ございませんでした。又、便りをさせて頂くこともあろうかと存じます。三木先生の多忙も熟知しておりますが、お気遣い頂ければ幸いでございます。

三木先生も、お体ご自愛下さい。
(お客様のお名前)