滋賀県40代女性 T様

行政書士 三木先生

今回の母の生活保護受給の件、本当にありがとうございました。母と同居していた叔父が一年前に、入院していた病院で横転し、腰の骨を折る大けがをしてから、状況は一変しました。そして現在も叔父は、骨折が原因で入院していて、退院の見込みは全くなさそうです。

叔父が入院するまでは、生活は二人の年金でなんとかまかなえていましたが、叔父が入院してからは、叔父の年金はすべて入院費の支払で消えてしまいました。母は貯金もなく、自身の年金だけでは全く生活できないので、私と妹二人で何とか援助してきましたが、私たちにも家庭があり、子供たちにこれからお金が必要な時期になってきたので、援助することが難しいと考えたときに、生活保護申請が頭をよぎりました。

ただ、一般的に、生活保護を申請するのにはかなりの時間と労力を費やすことはわかっていたので、母は難聴で一人では手続きできないし、かといって私も仕事をしている身プラス遠方に住んでいるため度々母の住んでいる市の福祉事務所に行くこともできずで、途方に暮れていたときに先生のホームページを拝見しました。

本当に、藁にもすがる思いで先生の事務所に電話したこと、今も覚えています。電話の応対ももちろんですが、お会いした時の対応もとても親切にしていただき、
「お母様は生活保護は受給できます。安心してください。」
の言葉をいただいたときに、泣きそうになりました。そして、三木先生を信じて、ついていこうと強く思いました。

三木先生は、その後の対応もとてもスピーディーで、先生と初めてお会いしてから一ヶ月もたたない内に、受理→家庭訪問→受給決定をとんとん拍子で話が進みました。

個人ではなかなか申請書を受け取ってくれないどころか、門前払いになる生活保護申請ですが、あの日先生のホームページを拝見して、お会いして、先生を信じてお願いして良かったと、本当に思いました。本当に先生には、感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました。

母は、私たちにお金の催促をしなくなってから、気持ちにゆとりができたようです。そして私たちも、母から催促されなくなったことで、ストレスを感じることがなくなりました。

先生のお仕事は、生活保護受給決定だけでなく、悩み事やストレスをも解消してくれて、人間らしい笑顔の絶えない毎日を与えてくれる、すばらしい仕事だと思いました。

これからも、質問等、まだまだお世話になりますが、引き続きよろしくお願いいたします。

(お客様のお名前)

関連記事

大阪弁護士会からの当行政書士法人の業務に対する調査と結果について... 行政書士法人ひとみ綜合法務事務所の代表行政書士、榎田啓です。 普段このブログは、生活保護相談担当の行政書士の三木ひとみが執筆することが多いのですが、今回は内容を踏まえて代表行政書士の私が書いています。 以前の記事の後日談です。 →家庭訪問時の不適切な言動を問うたら、「業務妨害で刑法に触...
私たちのように、無年金・無資産の親御さんの支援をされ、またほかの親族からの支援が受けられず困っていら... 和歌山県 40代 女性 拝啓 陽春の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 この度は義母の生活保護申請にはご尽力いただき、ありがとうございました。 お蔭様で保護決定をいただき、3月7日支給していただきました。 長きにわたり支援してまいりましたが、在宅での介護が不可能...
生活保護費の過誤払いは返還不要 東京地裁... 一般的にはあまり知られていませんが、生活保護に関する裁判は毎年全国各地で多数起こされています。福祉事務所のミスにより多く支給されていた生活保護費の返還を求められ、裁判に訴えていたシングルマザーの全面勝訴判決は、一部メディアにも取りあげられました。 生活保護の返還金額の決定処分が取り消される ...
今までの大変なことが一気になくなると三木先生のお言葉で確信できました... 拝啓 この度は大変お世話になりましてありがとうございます。 26年間、姑には本当に悩まされ、ほとほと疲れていたところに、指定難病になり介護なしでは全く生活ができないにもかかわらず、相変わらず暴言がひどく限界でした。週一回通所していましたデイサービスのケアマネージャーさんより、 「嫁さん、一...
生活保護支給となり、命をつなぐことができました... 拝啓 この度は、生活保護支給に至り、本当に助かりありがとうございました。数年前に役所に保護の申請で行ったときは、なかなか受け入れてもらえず、福祉事務所に回され一時間待たされた上、貸付金も不可で役所に逆戻りで、生活保護ではなく住宅支援なら大丈夫とのことで嫌な思いをしました。 それでも体にむ...
私とネコ(=^・^=)も大感謝です 三木先生 この度は生活保護の申請をしていただき、ありがとうございました。先日、一回目の支給を受け、やっと生活の目途が立ちました。 長い間、将来への不安を持ち、定年後は貯蓄もないため生活保護に頼らざるを得ないことはわかっておりました。最後の九年間は、某市の臨時職員でしたが、厚生年金をかける...
こんなに早く生活保護を受けられるようになるとは... 三木ひとみ先生、この度は早々に生活保護の手続をしてくださって、ありがとうございました。 こんなに早く生活保護を受けられるようになるとは、思いもしませんでした。 妻も、今回の生保申請者である病弱な娘のことを、日々悩んでいました。 私は早くから生活保護を受けるべきと勧めていたのですが、抵抗があった...