滋賀県40代女性 T様

行政書士 三木先生

今回の母の生活保護受給の件、本当にありがとうございました。母と同居していた叔父が一年前に、入院していた病院で横転し、腰の骨を折る大けがをしてから、状況は一変しました。そして現在も叔父は、骨折が原因で入院していて、退院の見込みは全くなさそうです。

叔父が入院するまでは、生活は二人の年金でなんとかまかなえていましたが、叔父が入院してからは、叔父の年金はすべて入院費の支払で消えてしまいました。母は貯金もなく、自身の年金だけでは全く生活できないので、私と妹二人で何とか援助してきましたが、私たちにも家庭があり、子供たちにこれからお金が必要な時期になってきたので、援助することが難しいと考えたときに、生活保護申請が頭をよぎりました。

ただ、一般的に、生活保護を申請するのにはかなりの時間と労力を費やすことはわかっていたので、母は難聴で一人では手続きできないし、かといって私も仕事をしている身プラス遠方に住んでいるため度々母の住んでいる市の福祉事務所に行くこともできずで、途方に暮れていたときに先生のホームページを拝見しました。

本当に、藁にもすがる思いで先生の事務所に電話したこと、今も覚えています。電話の応対ももちろんですが、お会いした時の対応もとても親切にしていただき、
「お母様は生活保護は受給できます。安心してください。」
の言葉をいただいたときに、泣きそうになりました。そして、三木先生を信じて、ついていこうと強く思いました。

三木先生は、その後の対応もとてもスピーディーで、先生と初めてお会いしてから一ヶ月もたたない内に、受理→家庭訪問→受給決定をとんとん拍子で話が進みました。

個人ではなかなか申請書を受け取ってくれないどころか、門前払いになる生活保護申請ですが、あの日先生のホームページを拝見して、お会いして、先生を信じてお願いして良かったと、本当に思いました。本当に先生には、感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました。

母は、私たちにお金の催促をしなくなってから、気持ちにゆとりができたようです。そして私たちも、母から催促されなくなったことで、ストレスを感じることがなくなりました。

先生のお仕事は、生活保護受給決定だけでなく、悩み事やストレスをも解消してくれて、人間らしい笑顔の絶えない毎日を与えてくれる、すばらしい仕事だと思いました。

これからも、質問等、まだまだお世話になりますが、引き続きよろしくお願いいたします。

(お客様のお名前)