神奈川県横浜市 女性 M様

三木先生へ

この度は、本当にお世話になりました。
生活支援課の方も、とても優しく対応して下さいました。
先生にお願いしていなかったら、今の私は存在しないでしょう。
私の感想は、ただただ感謝なだけです。
この先が見えるので、先生に出逢えてよかったです。

三木先生との出逢い
H29年3月に自宅が競売になり、新しい町へ引越したが、税金滞納(延滞含め)約360万。仕事をしていたので、給与の半分を支払いながらも、先の見えない生活。

そんな時、インターネットで三木先生に辿り着いたのです。この時は、無料相談で、現状のお話をしただけでした。電話を切る寸前に、「大丈夫だからね」との力強い言葉を頂いたのを覚えています。

その後、12月に入って、同僚から知らされたのが、12月までで終わりと・・・。リストラです。10月に税金滞納の元金を支払う一年間は、勤務させてもらえる様に話していたのに突然でした。

すぐに、三木先生に連絡して、保護の申請準備となりました。
悪い事が続いていた私の心が荒んでいた為、三木先生に「信じても大丈夫か」と聞いてしまったのです。三木先生は、「信用できるのなら、手続きの契約を」と・・・・(今思うと、本当に失礼な言葉を言ってしまいました。)

手続きに入ると迅速な対応で14日もかからず決定通知を手にしました。細かなメールでのやり取りを何度も忙しい時間に頂き、三木先生に、お願いしてこなければこの私は居ません。

本当に死ぬ事ばかり考えて、眠れず、食事もできずの毎日。今、私と同じ思いの人、先生に相談して下さい。きっと導いて下さいますよ。今日から、眠れて、心と身体を整えられます。(一生懸命、生きて来て、良かったです)

—具体的な相談内容と経緯—

私より苦しい生活をされている方がいると思います。
早く相談をして下さい。
そうすれば、明日が見えて来ます。

関連記事

私がひとりでやっていたら数ヵ月かかっても申請さえできずにいたのに、あっという間に申請が通ったからです... 三木先生 このたびは、私の母の生活保護申請の代行を引き受けてくださりありがとうございました。2018年1月17日、ぶじに生活保護申請が通りお金を受け取ることができました。 昨年の秋に母の生活保護申請をしようとしたところ、方法がわからず数カ月間、右往左往していましたが、12月のはじめに、イ...
現実とちがいすぎて笑ってしまうドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』... 平日は毎日夜遅くまで相談のお客様が来られるので、連続ドラマはもう久しく見ていませんでした。が、今期のフジテレビ系列のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』は、行政書士法人ひとみ綜合法務事務所にもっとも多い生活保護相談に関する内容ということだったので、毎回録画して見ることにしました。 ...
生活保護受給者が無料で自己破産手続きを代行してもらう方法... 生活保護の申請をこれから考えている方からの相談の中で、「借金がありますが大丈夫ですか?」「消費者金融からお金を借りているのですが(生活保護の)審査に通りますか?」という質問がよくあります。 このタイプの質問が多い理由の一つとして、どうもネット上のサイトの中には「借金があると生活保護が受けられな...
警察官への贈賄で行政書士が逮捕された事件で思うこと... 昨日の朝、何気なく日課である新聞を読んでいたところ、社会面で行政書士逮捕という平穏ではない見出しが飛び込んできました。 続いて、よく知る名前が載っていたので、最初は見間違いかと思わず目を見張りました。朝日新聞、毎日新聞、日経新聞、読売新聞、これらすべての全国紙で本事件を取り上げていました。 ...
おかげで、申請日から二週間で、決定しました... 三木 ひとみ様 この度は、大変お世話になりました。 説明下手な私の話もすぐに理解して下さり、 「もっと早く電話してくれたらよかったのに。」 という言葉にホッとして、涙が出そうになりました。 不安なことはメールしたり、電話も何度もしてしまいましたが、そのたびにきちんと返答や、私の代わりに...
精神障害者の雇用促進への冷や水ー中央省庁の障害者雇用水増し... 「国民をだます背信行為だ」 厳しい言葉で非難する障害者団体の声は、長年極めて困難だった障害者の就労支援に取り組んできた立場として、もっともでしょう。 世の障害者への偏見・差別を助長することにもなりかねない、中央省庁による障害者雇用の水増しは、昨年だけで三千人台に達するようです。 ...
妹の、「もう生活保護を考えた方が良い」と云う再三の呼び掛けにも、耳を傾ける事が、できませんでした... 千葉県 50代女性 M様 前略  初めてお便りさせて頂きます。 一度もお会いすることなく、一度もお話することもなく、この度はご尽力いただき、本当にありがとうございました。 昨年4月にがん再発の宣告を受けました。 それでもなお・・・細やかなプライドと自身の力を過信していました。 「ま...