生活保護制度においては、健康で文化的な最低限度の生活を保障するために、必要な各種費用に応じた名目のお金が支給されます。たとえば、アパートなどの家賃である「住宅扶助」、食費や光熱費などの「生活扶助」は、ご存知の方が多いでしょう。

このほかにも、制服や学用品費などは「教育扶助」、介護サービスの費用は「介護扶助」、出産費用は「出産扶助」といった名目で、生活保護を受ける人が生活をする上で必要なお金を申請して受けとることができます。

支給される生活保護費の半分を占めている医療扶助

ここで皆さんに質問です。
年間4兆円といわれる、支給されている生活保護費の約半分を占める名目の生活保護費はなんだと思いますか?

こうお客様にお尋ねすると、
「家賃、住宅扶助ですか?」
「やっぱり生活費でしょう?」
などという答えが返ってくることが多いです。

でも実は、生活保護費の約半分を占めるのは、病院の診察費や薬代といた医療費、医療扶助なのです。そもそも生活保護を受けるようになると病院代が無料になることをご存知ない方も多く、当事務所にご相談に来られた際、
「持病で毎月の薬代が高いから、生活保護になっても生活費が足りなくなりそう」
とご心配されるお客様もいらっしゃいます。

生活保護の方の医療費は直接、医療機関に支払われます。そのため、いったん自己負担で立て替える必要もなく、生活保護を受けている方は病院の診察費や薬代を心配することなく、病気になったらいつでも病院にかかることができます。

生活保護受給者はジェネリックの使用が原則に

生活保護法改正により、こうした生活保護の医療費を抑えるための具体的な政策が盛り込まれることになりそうです。受給者には原則として低価格の後発薬、いわゆるジェネリック医薬品を処方することが法的に義務付けられるようになる見込みです。

受給者、後発薬が原則=生活保護法に明記-厚労省:時事ドットコム

後発薬(ジェネリック医薬品)とは

この是非を論じる前に、そもそも、後発薬とはどのようなものなのでしょうか。新しい薬、新薬の特許権(発明やアイディアを独占的排他的に利用できる権利のこと)が切れた後に、別の製薬会社が同じ成分を使って作る薬が、後発薬と呼ばれています。

一つの新薬の開発には安全性や薬の効果を確かめるために大変な時間とお金がかかりますが、後発薬の場合は新薬の開発時にその試験が済んでいるので、開発期間も短く、また価格も新薬の3~7割と安く抑えることができるというわけです。

薬の効果は同じだから安い方がいい、と考える人もいます。ただ、薬効が同じと言われても、実際にはそうではないと感じる人がいることも事実でしょう。

昔からアトピーに悩まされ、生まれつき皮膚が薄く弱い女性の私は、市販の保湿剤などでは肌がもたないので、定期的に皮膚科に通院しています。

最近なにかと話題のヒルドイドローションは新薬ですが、私は後発薬のビーソフテンローションの方が肌に浸透してかゆみ乾燥を防いでくれると感じますし、実際使用回数も少なく済むので、医師に相談して後発薬を処方してもらっています。

薬効が同じだとしても、新薬と後発薬とでは形状や添加物がちがったり、溶け方や塗り心地が異なるためにどちらかをあえて希望する患者さんは実際に少なくないようです。

生活保護者なら薬に差を付けてもいいという考え方

生活保護受給者であるという理由だけで自動的に後発薬にされれば、差別感を社会に生み出す要因にもなるのではないかというのが、行政書士法人ひとみ綜合法務事務所の危惧するところです。

高齢化に伴う医療費の膨張は日本全体の問題であって、諸外国に比べても日本の後発薬の使用割合が低いことは以前からわかっていることです。生活保護を受けている人だけを差別するのではなく、国全体で後発薬の使用を推進した方が、医療費の抑制効果は高いはずです。

生活保護を受けている人たちを含め社会的に弱い立場にある人は、理不尽なことだと感じても、声を上げにくい実情があります。職場でのパワーハラスメントや、長年横行してきた国をあげての障害者への中絶手術強要などがその例といえます。

私のお客様でも、自分が生活保護を受けていることを誰にも知られたくないと言う方はとても多く、そうした方々が名前を出して意見をすることに躊躇いがあるのは当然といえます。

だからこそ、社会的公平性を守る責務が政府にはあるのではないでしょうか。

関連記事

家庭訪問時の不適切な言動を問うたら、「業務妨害で刑法に触れる恐れがある」と発言した大阪市生野区の生活... 生活保護法は日本全国、公平平等に交付施行が当然になされているはずだが、役所によって生活保護申請者や受給者に対してこうも異なる対応をするのかと日々驚かされる。 生活保護の実施運用は地域によって全く異なる たとえば、大阪府大阪市中央区。これまでの生活保護業務において、中央区では異性と...
熊本地震の義援金で生活保護停止350世帯以上の「からくり」... 2016年4月に発生した熊本地震。被災者生活再建支援法による支援金や義援金の交付を理由に、今年2月までに376世帯が生活保護費の支給を自治体に打ち切られていたことが毎日新聞による関係機関への取材でわかったそうです。 →熊本地震2年:生活保護費、義援金で打ち切り376世帯 熊本県内 - 毎日新聞 ...
2018年生活保護費の引き下げと世の中の誤解... 行政書士法人ひとみ綜合法務事務所で生活保護相談を担当している、行政書士の三木です。 生活保護費が下がることについて、皆さんはどう思いますか?政府が、生活保護を受けておらず、アルバイトなど生活保護費を下回る収入で生活している人達、いわゆる所得最下位層の人たちの消費水準にあわせる形で、生活保護費の...
生活保護世帯では、子供を大学に通わせられない?... 「生活保護だと、子供を大学に通わせられない」 生活保護業務を専門に扱う行政書士として、このように嘆くお客様を多く見てきました。生活保護受給世帯の子どもが大学生になると、家賃分の保護費が減額されるのが現行の仕組みです。 生活保護を受けながら大学に通うことは認められていない 生活保護を...
現実とちがいすぎて笑ってしまうドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』... 平日は毎日夜遅くまで相談のお客様が来られるので、連続ドラマはもう久しく見ていませんでした。が、今期のフジテレビ系列のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』は、行政書士法人ひとみ綜合法務事務所にもっとも多い生活保護相談に関する内容ということだったので、毎回録画して見ることにしました。 ...
私と生活保護 生活保護相談を担当している、行政書士の三木です。とある出来事(ブログの最後に書きます)を機に、勇気を出して、私自身の生活保護にまつわる実体験を公表することにしました。 昔から勉強熱心で真面目な学生だったと自負する私は、日本で進学校に進学したあと、一年間国の公的支援を受けて米国留学を果たしました...
生活保護受給者が相続放棄をしてはいけないのか... 行政書士の三木ひとみです。どうぞよろしくお願いします。 全国対応で生活保護申請・相談業務を行っている岡・三木合同行政書士事務所は、日々全国のお客様や福祉事務所とやりとりしています。私共に生活保護開始申請書の作成・提出を依頼された男性のお客様は、審査も順調に進み、先日某市にて生活保護の受給が決定...