行政書士開業秘話~Branding for Hitomi Law Office amidst Global turmoil

After I wrote the previous blog, my male friend who is a gyoseishoshi lawyer in Osaka sent me a message from LINE that he had a contact from another gyoseishoshi about Hitomi Law Office latest blog if it’s holding truth. (It was a surprise and honor for me to know so many gyoseishoshi lawyers are reading our office blogs!!)

前回のブログ(→前回の記事)を書いた後、大阪の男性行政書士の知人から、LINEが届きました。知人は、別の行政書士から、行政書士法人ひとみ綜合法務事務所の最新ブログに書いてあることは本当のことなのかと聞かれたそうで、これには私も驚きました。多くの同業の先生方が、私共の事務所ブログを読んで下さっていることは、光栄なことです。

These are some cool souvenirs from our visitors last week!!

先週行政書士法人ひとみ綜合法務事務所に頂いた素敵なお土産

I’d like to thank that gyoseishoshi for questioning so that I could grab my readers’ attention by explaining more as some might also have wondered in the same way why I faced huge student debt straight after studies at university even my parents’ jobs were policeman and elementary school teacher both of which are thought to be with adequate salaries.

その方に疑問を投じて頂いたことで、読み手の方の理解を得られるよう説明を加えることにしました。

ブログを読んで下さった方の中には同様に、給与が十分なはずの警察官と小学校教員の両親がいた私が、なぜ社会に出るまでに巨額の奨学金という体の負債を抱えたのか疑問に思った方もいるかもしれません。

When you think about assets, you may come up with financial assets easily, but there are also intangible assets such as health, knowledge, social relasionships with neighbors and so on. I think my family lacked in time and communication which strengthen family bond.

資産といえば、金融資産が容易に思い浮かぶかもしれません。でも、健康、知識、近所との社会的関わりなどの無形資産もあるのです。私の育った家庭では、家族間の時間とコミュニケーションが足りておらず、家族の結びつきが希薄だったかもしれません。

My parents got divorced when I was about 3 years old, and I could see my father who was a policeman only few hours in several months in my childhood.

私が3歳くらいの頃に両親は離婚、子どもの頃は数か月に1度しか警察官だった父親には会えませんでした。

He always looked sad to see me wearing soiled clothing or clothing that is significantly too small and started complaining about my mother which brought me much sadness so I tried to look cheerful and happy and when my father asked me if I’m doing OK at school, I always ansered I’m having fun there.

父親は、私が汚れた服やサイズが小さすぎる服を着ているのを見ると、とても悲しそうでした。そして、私の母親の文句を言い始めたものです。それを聞くとますます子ども心に悲しくなって、私は努めて明るく幸せそうに振舞いました。父親に、学校は大丈夫か?と聞かれたら、即座に「うん!毎日楽しいよ!」と、答えたものです。

My mother was not a bad or mean person either. She was taking care of my grandmother as working full-time as a teacher, and she couldn’t manage her mental heath on a busy schedule, I now think. I remember seeing my mother’s diary once that was written she got hurt when 6th graders of her class made fun of her saying that their teacher smells.

私の母は、悪い人でも意地悪な人でもありませんでした。母は、病気の祖母の介護をしながらフルタイムで働くうち、多忙のあまりメンタル面でバランスを崩してしまったように思います。一度、母の日記を見てしまったことがありました。そこには、担任として受け持っていた小学6年生の子供たちから、「先生臭い」とからかわれ、傷ついたという内容が母の字で書かれてあったのです。

If I wrote down all the episode which is quite unique compared with Japanese so called average family, I suppose that would be too long to end so let me move forward, but before that I’d like to state my opinion about recent Japanese western city Akashi, Hyogo supplying sanitary napkins for free at municipal schools and public facilities from this April in a bid to support women thrown into an economic predicament due to the COVID-19 pandemic.

いわゆる日本の平均的な家庭からすれば風変わりなエピソードばかりで、すべてをブログに書けばウンザリさせてしまうと思いますので背景説明はこの辺にして先に進みたいと思います。ただ、その前に、最近話題になった兵庫県明石市が全ての市立校や公共施設でこの4月から生理用ナプキンの無料提供を始めたことについて私の意見を少しだけ述べたいと思います。この施策の目的は、コロナ禍において経済的困窮にある女性を支援するため。

According to a survey by a citizens’ group called Minnna no Seiri, one in five students and others had difficulty obtaining menstrual sanitary goods due to financial reasons over the past year.

「#みんなの生理」という市民団体の調査によれば、5人に1人の若者が金銭的な理由で生理用品を買うのに苦労した経験があるそうです。

I saw many tweets criticizing this city’s decision as it’s just waste of tax, insisting that those women who can’t even afford napkins should receive public assistance but there is a story behind every person. I believe it is very kind of Akashi Mayor to respond to womens’ struggles as their voices are hard to be noticed as it is difficult for them to speak out about the problem.

自治体による生理用品提供については、税金の無駄だ、ナプキンさえ買えない人は生活保護を受けるべきといったツイートを沢山目にしましたが、かつての私の家庭のように一見他人からすれば裕福に見えても、家庭によって実に様々な問題を抱えていることがあります。特にこうしたデリケートなことは女性が声を上げにくいことなので、このようにそっと手を差し伸べる優しい支援に私は賛同の立場です。

Heart-touching gift from our female client.

女性のお客様から頂いた、綺麗なお花とリップクリームのプレゼント

My experience in mychildhood has kept me aware that if I devote every moment of my day to working for making money, I may deplete my other vital intangible asstes and once depleted, it’ll be difficult to rebuild them.  To make long lives great in this aging society, I want to be productive and aloso healthy physically and mentally to be able to work into my 70s.

子どもの頃の経験から、1日の大半をお金を稼ぐため仕事に費やせば、目に見えない大切な他のものを失うかもしれないという懸念がありました。そして、一度失ったものを再構築するのは、難しいということ。高齢者化社会において70代まで働くために、生産的であるだけでなく心身健康でありたいと。

My career experience in recruit group has proved me that although quite a lot of peple actually wish to work into their 70s, but corporations are very ageist and don’t want to employ people over the age of 50(might be younger for women). One of the reasons I heard often from the careers sections of many corporations is that they worry about the social complications of putting elderly employees under th supervision of younger ones.

リクルートでの仕事を通して、実際には70代まで働きたい人が多いのに企業が高齢者雇用に及び腰で、50代以上(女性ならもっと若い印象)の転職活動が厳しい実情も知っていました。多くの企業の採用担当は、年長者の新人を若い上司の下に配置することの難しさを採用に消極的な理由に挙げていました。

Before the resignation of Recruit Company, I planned on becoming a lawyer as there’s basically no mandatory age for retirement and accepted a job position in the legal fields to gain experience before actually applying to law school, but I lasted only several months before quitting in order to reside at the Domestic Violence Shelter in Tokyo escaping from a male stranger who was following me.

そこで私は、定年のない弁護士になりたいと考えるようになり、リクルートグループを辞職する前に法関連職の内定をもらい転職することにしました。実際ロースクールを受験するなど行動に移す前に、経験を積みたいと考えました。でも、ストーカー被害に遭ってしまい、シェルターに入るためその職は短期間で辞めざるを得なかったのです。

Feeling lost and couldn’t even fall into the social security (although all citizens in Japan have right to receive public assistance under the law, the reality is that 80% of people who are eligible for this welfare system actually are not receiving it which relate to my current job as a Gyoseishoshi Lawyer to help people requiring public assistance by wriing application forms), I decided to work at home safely to pay the bills and figure out my next steps.

すっかり気落ちしてしまって、また生活保護に頼ることさえできず(日本国民は法の下、生活保護を受ける権利がありますが、生活保護受給要件を満たす8割ほどの困窮者が保護受給に至っていない現実があります。そのため、現在私は行政書士として正当に保護を受けるべき人が権利行使できるよう生活保護申請書類作成も行っています。)身の安全を守りつつ、家賃光熱費その他必要な支払いをして生活するため、在宅ワークをしながら将来について考えていました。

Through connections from those work at home (thanks to this internet society, there are fine home-based jobs), I dedicated a lot of time to volunteering at local women’s shelter since I had always had a strong interest in human rights protection which also opened my eyes to the field of law again and soon learned I wanted to study more.

在宅の仕事をしながら(インターネットの普及により、自宅でできる仕事の幅が広がっていたのはありがたいことでした)、私は女性シェルターのボランティア活動にも携わるようになりました。人権擁護にも強い関心が及び、私は再び法分野を勉強したいと思うようになりました。

As the field of law provides a diverse and vast opportunity for knowledge acquisition and there simply isn’t enough time to learn everything. That is why many people who want to become Gyoseishoshi Lawyers choose to go to the vocational school to study smarter and not harder, in my opinion.

法分野は多岐に渡る膨大な知識に及ぶため、全てを独学で習得するには相当な時間を要するでしょう。そのため、行政書士を志す人の多くは効率性を重視して専門学校に通うのだと思います。

Some schools offer accelearated programs to be able to get through faster while on the other hand for whom want to slow things down, offer part-time programs. Working professionals can attend in the evenings or on weekends but I didn’t go to such schools for just one clear purpose; to save money.

短期間で集中して学べる講座もあれば、逆にゆっくりじっくり進めたい人のために時間を選べる講座も用意されています。働いている人も、夕方や週末の講義であれば参加できるでしょう。ただ、私はそうした専門学校は利用しませんでした。理由はただ一つ、節約のため・・・。

Below are my techniques and strategies that had facilitated my low cost study of the law and also prepared somehow for my career success.

私が考案・実践した、お金のかからない節約勉強法と戦略を少しご紹介します。法律の勉強だけでなく、行政書士開業後の実務にも役立ちました。

1.Study plan to help maximize the effectiveness of the knowledge acquisition
学習効果が出やすくなる勉強計画を立てました。

First, I developed a study plan for the exam. I’ve alwayed thought since I was a student there aren’t enough hours in the day to accomplish everything but there is enough time when planed carefully.

まず、私がしたのは試験までの勉強の計画作成でした。学生の頃から、計画を立てることで時間の有効活用ができると考え、実践してきました。

Detemining the most efficient and effective use of my time, I planed when to review sessions, complete everything I needed in order to succeed in the exam and take practice exams.

自分にとって一番効率的かつ効果的なやり方を見極めつつ、復習するタイミング、試験範囲を一通り学習し終える時期、模擬試験を受ける日程を決めました。

Studying law requires the need to remember and recall large volumes of information such as precedent so I tried to be strategic and allocate my time and efforts in a way that will help me as a working single mother succeed not only for the exam but also in my future career. Below I’ll introduce you my study techniques and strategies that had facilitated my study of law and prepared me for career success.

法律を勉強する際は、判例など単に大量の暗記をするだけでなく必要に応じて情報を整理して考える必要があります。とにかく覚え理解する量が膨大なので、働くシングルマザーの限られた24時間を有効活用するため、戦略的な時間配分をしなければと思いました。試験に合格するだけでなく、行政書士開業後の実務にも役立つように計画を立てました。

2. The process of preparing for each learning is vital to mastery
毎日の予習を必ずしました。

If we don’t do anything with our new knowledge for a while, it will fade fast. It is often said that learning needs to be repeated several times before it sticks. I remember things best immediately after I’ve read them, so when I was a student, I woke up every morning at 3 in the morning (go to bed at 9 p.m. so that I can sleep 6 hours which was minimum hours for me to keep health) to prepare for each day’s classes. I did the same thing for the study of Gyoseishoshi exam.

新しく得た知識も、何もしなければすぐ忘れてしまうもの。記憶定着のためには、繰り返し学習することが大切と、よく言われますね。私は読んだ直後が一番理解できているので、学生の頃は毎晩21時就寝早朝3時起床の睡眠6時間確保で、その日の授業の予習を必ずしました。行政書士の試験勉強でも、同じことをしたわけです。

3.Review the day’s task Immediately
   その日勉強したことは、その日のうちに復習しました

I spent a few minutes reviewing new information which I learned in that day. I looked through the material again and added to any notes that I’ve already made and I explained key points out loud. To use time efficiently, I always took a voice recorder with me and I listed to my recorded voice in the train or as walking home or even on my bedside till I fall asleep (I joked about this as sleeping study, but it was effective.)

その日に勉強すると決めた範囲の予習と復習を必ずするので、同じところを日に3回方法と時間を変えて学習しました。数分ずつしかできなくても、必ずやるようにしました。その方が記憶が定着するので。復習の時は、単に法律の条文や教材に目を通すだけでなく、要点を書き出したり、声に出して読みました。時間を有効活用するために、ボイスレコーダーを持ち歩いて電車や帰宅途中に録音した自分の声を聞いたり(高い教材の他人の声をただ聞くより、自分で録音したほうが安いだけでなく、五感を使った学習ができて効果的ですよ)、枕元で流したまま寝て「睡眠学習」。

4.Move information into my long-term memory by Further Reviews
情報を知識として自分のものにするため、復習を繰り返しました

Not only I reviewed material immediately, I also scheduled further reviews because it’s vital to review frequently by repeated effort to move information into my long-term memory. Researchers say that each time you review information, you should wait a little longer before doing so again. I tried to revisit my learning at regular intervals, like after my initial review, I scheduled another one after a day, then after a week, two weeks, a month.

当日すぐの復習だけでなく、その後の継続した復習の計画も立てました。情報をいつでも引き出し可能な知識として定着させるためには、復習の繰り返しが重要。徐々に復習する期間を延ばしていくことが効果的という研究結果もあるそうです。私は、当日、翌日、1週間後、2週間後、、1ヶ月後に復習するようにしました。

5.Organization is crucial: Use mobile device for scheduling time
モバイルスケジュール機能を利用して学習をシステム化しました

I set Google Calendar auto reminders to notify me when it’s time for my next review which has turned out to be useful way of time management after I started my office as a Gyoseishoshi lawyer. Google Calendar allows me to organize my daily multiple tasks or meetings and remind me of those crucial enents. I think it’s an excellent free tool for Gyoseishoshi Lawyers who have multiple things to do every day and need complete essential preparation before it takes place.

グーグルカレンダーのリマインダー機能を使って、自動的に復習できる仕組みにしました。これは、行政書士開業後のスケジュール管理にも役立っています。頭で忘れてしまいがちなスケジュールも、時期が近付くと自動的に知らせてくれるので、予定が沢山あっても失念やダブルブッキングを防止できます。仕事道具で必携のパソコン、スマホどちらからでも、どこからでも確認できるので、紙の手帳のように持ち歩く手間や余計な荷物になりません。

6.I taught my daughter what I studied
自分が学んだことを誰かに説明することは効果的

One of the most powerful ways to embed information is to teach someone. My daughter was a good pupil for me and I explained to her what I’ve been learning. She seemed having fun learning new things with her mother and so was I. This method of telling someone new learning can boost confidence to use and apply knowledge you have just acquired which also has trained me the skill as a Gyoseishoshi Lawyer in which accountability has become increasingly important.
My daughter asked me questions about law which tested my knowledge even more deeply and strengthened my grasp in the process. She is now studying hard to become a lawyer.

情報を自分のものにして自由に操れる武器にする最も効果的なやり方の一つは、人に教えることです。私にとっては、娘が良い生徒でした。学んだことを娘に教え、その時間は母子の楽しい時間の共有でもありました。この勉強法は、身に着けたばかりの知識を応用して人に即座に説明する訓練と自信に繋がっただけでなく、説明責任が問われる行政書士の仕事にも役立ちました。娘は法令に関し色々な疑問をぶつけてくるので、説明するにあたって知識理解が深まったものです。そんな娘は、今は弁護士を目指して勉強しているようです。

I have to say I’m going off- topic of ‘Branding for Hitomi Law Office amidst Global turmoil’ and taking way too long to finish, so I’ll try to ascertain comfort level and switch gears to the point next time!!

「行政書士開業秘話」という本題から脱線し続け、だいぶ長くなってしまったので、続きは次回に・・・。次回で、しっかりまとめたいと思います!

行政書士開業秘話~Branding for Hitomi Law Office amidst Global turmoil”へ1件のコメント

  1. 場谷繁樹 より:

    僕も予備試験の勉強をしており、とても参考になりました。英語の文章も読ませて頂きました。ツイッターの方もこれからも拝見させて頂きたいと思います。これからもよろしくおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です