名誉棄損の損害賠償~女性行政書士による内容証明、本人訴訟から和解まで~ My case in Defamation Lawsuit Without an Attorney

技術進展によるデジタル世界の拡張により、インターネット上のいじめや名誉棄損は、日本だけでなく世界中の国々で深刻な問題になっています。

Cyberbullying and defamation have become serious problems not only in Japan but in many countries worldwide as the digital space has expanded because of advanced technology.

人の心を傷つけるという点においてネットいじめも昔ながらのいじめも同じですが、大きな違いは匿名性と猛烈な拡散性でしょう。

Although cyberbullying and face-to-face bullying both hurt people, there are some important differences; anonymity and incalculable deffusiveness.

たった1件の悪意ある問題投稿が、あっという間に広がり、誰でも閲覧できる記録として残ってしまうのです。

A single nasty problematic post can spread like wildfire in just a matter of seconds and moreover, it leaves a digital footprint which is a matter of public record.

いじめ全般を軽視する人もいますが、事実と異なる自分に関する噂がネット空間に存在するとき、性別や年齢にかかわらず自尊心の喪失や不安や精神的な落ち込みなど、心身に悪影響を及ぼすという調査結果が多数存在します。そして、名誉棄損は民事で損害賠償請求はできても刑法上の罪ではない国もありますが、日本では刑法上の名誉棄損罪に該当することもあります。

Some people are dismissive of bullying in general, but studies show that libel affects peple like loss of self-esteem, anxiety and depression regardless of their gender or age. In Japan, Libel and slander are not just actionable civil offences but they can also be crimes.

裁判は弁護士に任せた方が物理的にも精神的にも楽ですが、名誉棄損で本人訴訟を起こすことは可能です。その場合は弁護士費用は発生しませんので、裁判所に支払う費用だけで済みます。裁判に勝てば、相手に払ってもらえるものです。

It is much easier physically and mentally to navigate the court system with a lawyer, but it is still possible to sue someone for defamation without hiring a lawyer and save money. The court will charge a filing fee, which you can recoup from the defendant if you win the suit.

こちらは、女性行政書士の私が昨年起こした本人訴訟(インターネット上の私に関する事実無根の誹謗中傷による名誉棄損に対する損害賠償請求訴訟)が先日和解に至ったため、裁判所から受け取った和解文書です。分割で慰謝料を支払ってもらうことで、解決に至りました。

This is a settlement agreement for a female Japanese gyoseishoshi (which is me) filing a defamation lawsuit without an attoney. In exchange for the payment of money in installments, I released my claim aganst perpetrator.

名誉棄損の和解交渉は、損害額や機会損失などの金額計算が通常難解だと思われますが、私の場合は、提訴に先立って相手に内容証明で要求した金額を下回る金額での和解は絶対にしないという意思を最初に裁判官から和解の提案をされたときから明確にしていました。結果的に、提訴した損害賠償請求額よりは減額し、内容証明で求めた当初の金額を上回る金額で早期和解に至り、双方の時間の浪費を回避できました。

Negotiating a defamation settlement is generally thought to be a complex process as calculating lost earnings capacity or lost business opportunities can be quite difficult. In my case, I had made my position clear from the beginning of negotiation at the court that I won’t agree with the amount if it is lower than which I had written in the demand letter before filing a lawsuit. As a result, both parties could save time by settling with the amount lower than which I demanded at the lawsuit but higher than which I demanded in the demand letter.

裁判は総じて高額で、結果も予測がなかなか難しく、何より決着までかなり長期間かかるケースが多いので、裁判に至らずして解決できれば一番だと、予防法務の専門家である行政書士として常々思っています。

There are numbers of reasons I (a gyoseishoshi ) think it is better to settle cases as lawsuits can be expensive and it is hard to predict the outcomes and on top of it, mostly it takes a very long time before resolution.

名誉棄損の損害賠償~女性行政書士による内容証明、本人訴訟から和解まで~ My case in Defamation Lawsuit Without an Attorney”へ1件のコメント

  1. アバター 福岡県 H.S様 より:

    ネットの誹謗中傷はほんとに陰湿だなと思います。なんでこんな思考回路になるんだろう?と不思議。なんといっても根っこにはやっかみ、羨ましい、ひがみ、ストレス解消の歪んだやり方なんでしょうけど。とにもかくにも三木先生が今回、一石を投じたことで少しずつ変われば良いなと思います。コロナ禍でみんなストレスたまってるんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です