Japanese gender equality and Public Assistance 日本における男女格差と生活保護

I am a Japanese woman and a Gyoseishoshi Lawyer.

私は日本人女性であり、一行政書士です。

As I am not ‘those women’ who are able to speak at a length that meets men’s standards for brevity (according to the former president of the Tokyo Olympic organizing committee Mr. Mori’s words in Japanese, ‘as I am not わきまえた女性’), I was shocked by Prime Minister Yoshihide Suga’s remark on Jan.27th, “In the end, the government has the welfare system.

前東京五輪オリンピック組織委員会の森喜朗氏の言葉を借りれば「わきまえた女性」ではない私は、「政府には、最終的には生活保護という、そうした仕組みも(ある)。」との菅義偉首相の発言に驚きました。

I , as a certified expert authorized to prepare documents to be submitted to a public agency Gyoseishoshi Lawyer will explain briefly about Japanese welfare system as it is not well understood even among Japanese residents.

官公署に提出する許認可等の書類作成を業として行う国家資格者行政書士として、日本でも正しく理解されていないことの多い生活保護制度について、簡単に説明します。

Japan guarantees a minimum standard of living as well as to promote self-support for all citizens who are living in poverty by providing the necessary public assistance according to the level of poverty, and it is based on the principles prescribed in Article 25 of the Constitution of Japan.

日本は国として、憲法第25条に規定する理念に基づき、生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障すると共に自立を助長するものとされています。


Me at Arashiyama in Kyoto, Japan with Spring cherry blossom (as it is the middle of April 2018, so not in full bloom)

Here is Constitution of Japan, the Article 25.
All people shall have the right to maintain the minimum standards of wholesome and cultured living.
In all spheres of life, the State shall use its endeavors for the promotion and extension of social welfare and security, and of public health.

憲法25条の条文はこちら。
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

All citizens may receive public assistance under Public Assistance Act in a nondiscriminatory and equal manner as long as they satisfy the requirements prescribed by the Act.

国民は生活保護法の要件を満たす限り、無差別平等に生活保護を受けることができます。

However, the reality is that 80% of people who are eligible for this welfare system actually are not receiving it.

でも現実はどうでしょうか。生活保護法の要件を満たしているにもかかわらず、生活保護を受給できていない人は80%にも上ります。

Article 7 of the Public Assistance Act states that the provision of public assistance shall start based on an application filed by a person requiring public assistance or relatives and as a Gyoseishoshi Lawyer, I have written countless of this application form for my clients and unfortunately some of my clients lost their precious lives during examination by government office by suicide.

私は行政書士としてこれまで数えきれないほど、生活保護法第7条に定められた生活保護開始の要件となる要保護者や親族らからの申請書の代理作成をお客様の依頼により行ってきました。悲しいことに審査の途中で、自ら尊い命を自殺により絶ってしまった方もいました。

You may wonder why people in poverty rely on me Gyoseishoshi Lawyer even though this national qualification allows me to act as an adviser in order for clients to manage, proceed with and complete administrative procedures and also the follow-up in a wide range of fields.

行政書士は官公署での手続きを幅広くサポートする国家資格者ですが、なぜ困窮した方があえて行政書士の私を頼って相談するのか、疑問に思う方もいるかもしれません。

Before I become Gyoseishoshi Lawyer by passing the Gyoseishoshi Lawyer examination and obtain registration, I myself was once in poverty as a young not- married single mother.

行政書士試験に合格、登録手続きを経て行政書士になる以前のことですが、私自身が若い未婚のシングルマザーで生活困窮した時期がありました。

I had no family or anyone who could provide support to caring for my baby, so I was working from early morning till late at night in Tokyo as a sales person in a big company (Recruit Co., Ltd.) and even though salary was quite enough.

生活を助けてくれる人は誰もいなかったので、私は東京で大きな会社(リクルート社)に勤務し、十分な給与ではありましたが、早朝から夜遅くまで仕事に追われていました。

One day my little girl got injured at the unlicensed nursery school, I couldn’t blame teachers as they are taking care of my girl 12 hours everyday but blamed myself and changed job with low salary but allows me to go home earlier.

ある日、保育園で娘が怪我をしてしまいましたが、私は毎日12時間も面倒を見てくれている保育士さんたちを責める気には到底なれず、むしろ自分自身を責めました。そして、給与は低くても早く帰れる仕事に転職したのです。

The real-estate company was a good company and I was happy to be able to spend longer time with my daughter, but the peaceful time didn’t last long. I was followed and attacked by male stranger and had to quit job in order to reside at the Domestic Violence Shelter in Tokyo. I wasn’t allowed to go to work from there nor even tell where I am staying in order to prevent other residents of the shelter so I had no choice but lose my job.

新しい職場となった不動産会社はとても良い会社でしたし、私は娘と一緒に過ごせる時間が長くなったことを嬉しく思っていました。でも、平穏な日々は長く続かなかったのです。ストーカー被害に遭い、仕事を辞めて東京のシェルター(暴力等から逃げた女性の短期避難所的施設)に入らなければいけなくなったのです。他の入所者の安全への配慮から、シェルターからの通勤は認められず、自分の居場所を人に伝えることも許されなかったので、仕事を辞めるという選択肢しかありませんでした。

I am now sure that it is the role of politics to improve this state of affairs, but I was at a totally loss when I was told by staff members of the shelter that I had to leave there with my daughter with no money, no job, nowhere to go after 30 days maximum period of stay at that shelter.

これは政治政策の課題だと認識していますが、無職無収入となった私は、シェルターの最長滞在期間が30日までだから母子でここを出て下さいと言われたときは、行く当てもないのにと、途方に暮れました。

Filipino single mother of beautiful three girls I met at the shelter told me that I should be protected by welfare system as she had been providing about 20 million yen per a month from Japanese government, but the administrative office told me that I shouldn’t apply for welfare because of my parents’ jobs even though I went to high school and university by scholarship and wasn’t paid anything from my family after graduating from junior high school.

シェルターで出会って仲良くなった、美しい3人の娘さんを持つ同じシングルマザーのフィリピン人女性が、私に教えてくれました。自分も月に20万円くらい生活保護をもらえているんだから、あなたも制度を利用できるはずよ、と。でも、役所の人たちは、私の両親の職業を理由に生活保護を申請すべきではないと私に告げました。私は中学卒業後は親からの援助は一切なく、高校も大学も奨学金でしたが、それでも。

The thought “I want to die” came up in my mind many times but I couldn’t because I was afraid of death and also my daughter’s smile and kindness from many people (but strangers) around helped me a lot to survive and I studied hard as working and became Gyoseishoshi Lawyer because I wanted to do such job that my daughter may feel proud of her mother.

「死にたい」という衝動に駆られたこともありましたが、死への恐怖心と、娘の笑顔と、折々出会う他人からの優しさのおかげで、生きることができました。
そして、いつの日か娘が、母である私を誇りに思ってくれるような仕事がしたいという一心で、働きながら一生懸命勉強をして、行政書士になりました。


This is my grown-up daughter, the most precious person in this world for her mother.

According to Article 1 of the Public Assistance Act, one of its purposes is “to promote self-support”, but it’s been turned into “the final safety net”.

生活保護法第一条によれば、生活困窮した人の自立を助長することを目的の一つとする制度なはずが、「最後のセーフティネット」になってしまっている現状があります。

The prime minister used the word “in the end the government has the welfare system” which is quite insensitive I thought, as there are many people who live life to utmost on welfare and my female client e-mailed me that she cried because she thought the government won’t help her family until the very end.

首相が用いた「最終的には生活保護がある」という表現は、現在生活保護を受けている人への配慮がないと私は思いました。女性のお客様からは、「最後の最後まで国は私たち家族を助けてくれないのかと、泣いてしまいました」とメールが届きました。

Yoshihiro Mori who resigned the president of the Tokyo Olympic organizing committee implied that women talk too much and yes, I speak a lot and aloud sometimes for my client’s right at a public agency, in such case when administrative office insists that they will make inquiries to family and my client doesn’t wish that to happen.

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が、わきまえることなく発言しすぎる女性がいると示唆しましたが、そうです、私も時に大きな声で沢山話します。お客様が困っているのに、役所が家族への連絡を無神経にしようとするときなどですが。

Japan stands 121st out of 153 in the World Economic Forum’s gender equality rankings, and I as a female Gyoseishoshi Lawyer do have unforgettable experience of being said sexist comments about woman recently at the committee of Gyoseishoshi Lawyers Association of Osaka.

日本の男女格差の指数は153国中121位と最低レベルですが、女性行政書士の私もまた、女性差別発言を受けた忘れがたい経験を最近しました。それは、大阪府行政書士会のある会議においてでした。

It seemed as hope for me to know that a clear majority of the Japanese found Mr. Mori’s comments unacceptable and I wish this may have the effect of strengthening the call for greater gender equality and diversity in the halls of power in Japanese society.

今回の森氏の発言を大多数の日本人が受け入れない反応を示したことは、希望のようにも見えました。日本社会における女性の地位の旧態依然の改善と、多様性の尊重を求める声がより大きく広がるきっかけとなることを願っています。

We are strong sophisticated Japanese women!!

Japanese gender equality and Public Assistance 日本における男女格差と生活保護”へ2件のコメント

  1. アバター 福岡県 H.S様 より:

    心が震えました❗三木先生やっぱり凄いなぁ❗
    尊敬してやみません。
    私も自分の心を偽らない『わきまえない女性』でありたい。

    最後の英文、素敵です。感動します。
    私たちは強くて聡明な日本人女性です。

    で良いのでしょうか?間違いだったらすみません(^_^;)

    1. 行政書士三木ひとみ 行政書士三木ひとみ より:

      行政書士の三木です。H.S.様、大変うれしいコメントをありがとうございます!
      イエスマンが多い日本だからこそ、組織の中で影響力ある人(上層部、幹部、役員etc.)の言動が組織全体に影響を及ぼしますね。私は特定の政党を支持しているわけでもなければ、基本的にそのポストに就いた方を応援したい、これは政治に限らず組織においても、批判して足を引っ張りあうのではなく皆でリーダーを応援して、より良く組織を導いてもらいたいと思っています。

      男女格差が解消されていないと国際的な評価の低いところに、注目されているオリンピックの責任者たる立場の方が発言したということで、日本ではやはりまだまだジェンダーバイアスが強く残っているのだと認識した海外の人は多いことでしょう。

      普段あまりこうした賛否対立しやすい政治的なことはブログで発信しないようにしているのですが、今回は森さん個人の発言だけでなく、森さんの発言に対して会議の出席者から笑いが上がったことで、嫌な過去の記憶を思い出し、このタイミングで行政書士の私自身の意見を発信したいと思いました。

      私が所属する組織(大阪府行政書士会)において女性蔑視の発言を受けた際に、発言をした人は2~3人でもそれを見ている数十人(1人を除き全員男性でした)も誰もその発言を咎めなかったこと(傍観)がありました。その発言の含まれた録音データの開示を会議の翌日から書面で求めて、もう3年以上が経過しました。
      オリンピック、政治の舞台では、こうした問題発言があればメディアで大きく取り上げられるのですが、日本社会では同じようなことが実際には沢山起きているのでしょう。だからこそ、こうした問題を軽視してはいけないのだと、私は思うのです。

      最後の英文の翻訳、合っていますよ!さすがですね!
      We are strong sophisticated Japanese women!
      私たちは、強くて洗練された、日本人女性ですよね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です