臨時特別給付金10万円は生活保護世帯も支給対象(収入認定なし)~Japan is providing a special relief payment of 100,000 yen to lower income households (including people staying on public assistance)~

To address the hardships resulting from the prolonged COVID-19 pandemic, Japanese government decided to provide a special relief payment of \100,000 to lower income households called hikazei-setai in Japanese.

新型コロナウィルス感染症が長期化する中、困難に直面した方々が暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金として一世帯当たり10万円が現金給付されることが決まりました。

To receive the payment, it is required to fill out the confirmation that will be mailed to who are eligible for this payment and only a few cities had already sent this mail and most of the municipalities are still preparing for it.

給付金を受け取るためには、市町村が課税情報を元に対象世帯に送付する確認書を市町村に返送することで指定銀行口座に振り込まれることになりますが、現在は準備中の自治体が殆どのようです。

The deadline will depend on when the form will be sent from the municipality, so you should confirm the date on your actual confirmation form.

申請期限は、自治体から送付される案内の時期にもよりますから、実際に届いた書面でよく確認する必要があります。

After submitting the documents either by mail with the return envelope included, or if you are unable to mail it you can bring it in person to your city hall, municipality will then check the confirmation form and transfer the payment to eligible households.

お住いの市町村からの書類を返送用封筒に入れて返信するか、または直接市町村の窓口へ持参すれば、原則として世帯主名義の銀行口座への振込みとなります。

Households that for tax purposes were designated to lower income as of the 2021 tax year (known as hikazei-setai) and who were registered residents in the municipality as of December 10th 2021, are all eligible for this payment including foreign people and people staying on public assistance.

基準日の令和3年12月10日において、住民基本台帳に記録されている方(外国人、生活保護世帯含む)で、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯が給付金を受けられます。

Households that experienced sudden financial difficulties since January 1st 2021 will also be eligible for a different payment by another application form.

令和3年1月1日以降に新型コロナウィルス感染症の影響を受けて、家計が急変した家計急変世帯も別途の申請書の提出により、給付対象となります。

Generally, all funds that enter the household of people staying on public assistance will be considered as the household’s income and must be used for living expenses and this is known as authorized income.

通常であれば、生活保護世帯のあらゆる資産は世帯収入とみなされ、収入認定されます。

However, it is not always considered authorized income, and this special relief payment of \100,000 will be exempt from income authorization.

とはいえ、この収入認定は常にされるわけではなく、今回の給付金10万円は生活保護制度の被保護者の収入として認定されません。つまり、自由に好きな使途に充てることができます。

Winter Nabe Ryori collection of Hitomi Law Office(Gyoseishoshi- jimusho) in 2022

行政書士法人ひとみ綜合法務事務所の鍋料理コレクション2022

In Japan, there are many available scholarships each year, but students and parents don’t realize so many scholarships exist.

日本では、毎年沢山の挑戦可能な奨学金制度がありますが、多くの生徒や保護者はそうした奨学金制度が存在することを知らないのが現状でしょう。

For my son’s three years of private juior high school, I don’t have to pay and it does make a difference as I am a single mother and not very welthy.

息子は私立中学3年間の入学金・学費が不要となったため、裕福とはいえない母子家庭の我が家にとっては大変ありがたいことです。

臨時特別給付金10万円は生活保護世帯も支給対象(収入認定なし)~Japan is providing a special relief payment of 100,000 yen to lower income households (including people staying on public assistance)~”へ1件のコメント

  1. 福岡県 H.S様 より:

    いつも美味しそうな食卓でいいなぁ~とほっこりします。
    画面を通して温かい家庭の感じが伝わり羨ましい。
    家族がいるということはそれはそれで良いときも悪いときもありいろいろありますが悲しみは半分に喜びは倍に出来ますもんね。分かち合えるというのは尊い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。