年末年始も生活保護、持続化給付金と家賃支援給付金(申請〆切1/15)サポートなど通常通り対応します!

年末年始も生活保護、持続化給付金と家賃支援給付金(申請〆切1/15)サポートなど通常通り対応します!

特定行政書士の三木です。大晦日の今日も朝から急な家賃支援給付金の相談があり私は電話相談対応、榎田行政書士は以前からご依頼頂いていたお客様の事業所へ出向いて追加書類の受け取りと共にその場でオンライン代理申請を行いました。

午後は、私は事務所にて生活保護業務対応(メール、お電話での新規ご相談、継続ご相談、年明けの申請ご希望のお客様の申請書類作成)、榎田先生は大阪市・府共同の営業時間短縮協力金の代理申請のためミナミの飲食店を事務スタッフと共にご訪問その後はいつもお世話になっている税理士の先生の事務所も大晦日営業していらっしゃるということで、急遽お願いした家賃支援給付金の申請のための書類を受け取りと別件でのお打ち合わせにお伺い。

私はこの後、国際OEM契約書(これも後実務を綴ったブログを公開したいと書いていますが、なかなか進みません。国際契約書に関する日本語の情報も需要が急増している割に少ないので、自力作成したい方や同業の先生の参考になるようにお正月休みにまとめるのが目標の一つ)の英文翻訳をしつつの年越しとなりそうです。

日本では昔から、一年で一番忙しい日とされる大晦日は、私の誕生日でもあります。39歳の女性行政書士になりました。仕事優先、またコロナ禍でもあり自粛し、今年は何もプライベートの予定はない仕事一筋の大晦日の誕生日になりそうです。

行政書士の誕生日など関係なく、令和2年の総括をブログに残しておきたいと思い、次の仕事もあるので30分程度で簡単にまとめることにしました。

今年1月1日に私が書いたブログ、『東京オリンピック2020年の幕開け~行政書士法人ひとみ綜合法務事務所の抱負』には、最寄りの四天王寺さんで3つの誓いを立てたことを綴りました。以下、ブログより抜粋。

令和2年の行政書士法人ひとみ綜合法務事務所の抱負です。
1.法令順守・・・国家資格を有する『街の法律家』として当然のこと!
2.公平誠実・・・権威や地位、金力に惑わされず、忖度(そんたく)はしません!
3.無病息災・・・本日四天王寺さんにて、全力でお願いしました!

新たな1年も、行政書士法人ひとみ綜合法務事務所は、法の支配による三権分立、人権保障という日本で生活するすべての人に安心感を与えている基本原理を念頭に、日本国民の生活上の諸権利、諸利益が守られ、また行政においても効率的な処理が2名の特定行政書士が作成する正確・明瞭な書類によって確保されることで公共的利益が還元されるよう、精一杯お客様と共に伴走してまいります。

そして、無事に大晦日を迎えた本日、元日に立てた目標の達成具合を総括すると・・・。

1.法令順守→100点満点!完全達成!
2.公平誠実→100点満点!完全達成!
3.無病息災→100点満点!完全達成!

中でも、3.無病息災については、スタッフ一同コロナ禍においても風邪すら引いた記憶がないほど、健康に恵まれた一年でした。体調が足を引っ張ることなく切羽詰まった行政サポートを必要とするお客様に伴走できたことは、行政書士事務所にとって何よりの幸いでした。

新型コロナウィルスの感染拡大により、オリンピックは延期、世界中がかつてない影響を受けた令和2年。行政オンライン化は急速に進展し、苦境に立たされた日本国内の事業者様方の生活と事業継続に直結する目玉の大型給付金「持続化給付金」や「家賃支援給付金」など、コロナ救済制度は軒並み電子申請となり、戸惑われた方からの相談が行政書士法人ひとみ綜合法務事務所に相次いで寄せられました。また、春先からコロナに影響を受けたことでの生活保護相談もどんどん増え、特に夏頃からは家賃が払えないために家を失ってしまった方からのご相談が顕著に多く、全国の不動産会社さんとも毎日やり取りし、初期費用なしの物件がどこも埋まってしまう中、それでも何とかしてもらえたことに感謝は尽きません。

菅首相の目玉政策の一つは、デジタル庁創設。脱ハンコ化の流れは既に行政書士実務に影響を日々もたらしており、かつではハンコ屋を開けるのではないかというほど購入した行政書士事務所のハンコの山も、最近では出番が減ってきました。

不正とカネの問題は永田町だけでなく、行政書士界にも残念ながらあり、持続化給付金の不正取得に行政書士が関与したとして大阪府行政書士会の行政書士も先日逮捕、実名報道されました。誠に嘆かわしい限りです。行政書士法人ひとみ綜合法務事務所がサポートしている飲食店経営のお客様のご紹介やHPからの飛込問い合わせで、逮捕された行政書士が持続化・家賃支援給付金をサポートした方々からのご相談もお受けしました。

12月30日から元日にかけて北日本から西日本にかけての日本海側を中心に、大雪の恐れがあり不要不急の外出自粛が呼びかけられています。政府が推奨する「静かな年末年始」は命を守ることに繋がります。行政書士法人ひとみ綜合法務事務所もリモートワークに徹しています。

経団連は新年祝賀会を初めて中止することを発表しましたが、毎年行政書士揃って参加していた大阪府行政書士会賀詞交歓会も中止が決まりました。飲食を無くしても尚、新型コロナウィルス感染症の拡大が止まらない現状を踏まえると、中止は賢明でしょう。

大阪市平野区で弟の腹部を踏んで死なせたとして、傷害致死罪で起訴された20代知的障害の女性の裁判員裁判で、執行猶予付き判決が相当と結論付けられたことに、司法(裁判長)の温かさを感じました。両親から家事育児を押し付けられ幼い弟妹への暴力を母から指示され、行政支援も不十分(児相が一時保護を解除した後の悲劇)な中、9~10歳程度の知能の女性は刑務所でも毎晩弟に手を合わせているそうです。

生活保護行政に多く携わる行政書士事務所として、今年も家庭内暴力(DV)、パワーハラスメント、モラルハラスメント(パワハラ、モラハラ)育児放棄、介護の押し付けなど行政の支援介入が必要不可欠な家庭を沢山見てきました。認知症を伴う老々介護でいつ火事が起こるかわからない、子沢山で両親が鬱病で家がゴミ屋敷(不動産会社からも大クレーム)など、時に他者をも被害に巻き込みかねない切羽詰まった問題に直面したとき、政治家や児童相談所、警察、医師会など、行政書士という枠を超え人間として何とかしなければいけないという使命感から動き、結果として何らかの解決には至っています。

諦めてしまってはどうにもなりませんが、諦めなければ道は通ずると信じ、行動した一年でした。来る令和3年は世界中で多くの人が苦難に直面するでしょうが、明日への希望が見出せるよう行政書士として引き続き健康に留意し、元日から気持ち新たに再出発を切りたいと思います。

行政書士法人ひとみ綜合法務事務所がお世話になった皆様、本年は誠にありがとうございました。新年も何卒よろしくお願い申し上げます。

年末年始も生活保護、持続化給付金と家賃支援給付金(申請〆切1/15)サポートなど通常通り対応します!”へ2件のコメント

  1. アバター 福岡県 H.S様 より:

    毎日お疲れ様です❗

    三木先生、お誕生日おめでとうございます❗
    今年も大変お世話になりました。
    しかし今年は一生にあるかないかの大変な一年でした。
    私自身も、こんなにも不運が続くか、神様、まだ試練を与えますか?って感じでした。
    母の怪我に始まり、介護疲れ、施設入所したとたんに脳梗塞発症し入院、今、衰弱し生死をさまよっていました。少し落ち着いた感はありますが私が体調を崩してしまいなかなか前を向く事ができませんでした。死というものを初めて真剣に考えた年の瀬でした。

    今日のコロナ感染者は過去最多になりましたね。一部の無自覚な人たちがいるのは嘆かわしい。
    少しだけでも会食、飲み会を我慢できないのか。軽率な行動のために面会制限等で大切な家族に会えず心配で夜も眠れない人がたくさんいます。
    私も不安と心配しすぎてめまいを発症してしまいなかなか辛いです。
    来年は収束すると信じて希望は捨てずにいきたいですね。
    食卓の写真はほっこりしていやされますね。

    今年も大変お世話になりました。
    来年は良い年になりますように❗

  2. 特定行政書士三木ひとみ 特定行政書士三木ひとみ より:

    H.S.様、新年あけましておめでとうございます。旧年はいろいろと大変なことがおありだったようで、コロナ禍においてご不安はいかばかりだったかと、心中お察しいたします。

    令和3年はH.S.様、ご家族様にとって、幸運が沢山舞い込む良い一年になりますように、行政書士法人ひとみ綜合法務事務所一同心より願っております。そして、世界を大きく動かし続けているコロナウィルス感染症の影響が沈静化し、社会全体が思いやりを持って相互の立場を重んじる、無意味な争いのない平和な日々が訪れるよう、官と民の架け橋となることが職業使命である街の法律家行政書士として、精一杯努めて参るつもりです。

    本年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です