特定行政書士の三木ひとみです。本日、令和2年1月1日元日也。行政書士法人ひとみ綜合法務事務所は今朝も9時前から通常通り業務開始。
全国からHP経由、メール、お電話にて年始といえども緊急対応の必要のあるご相談をお受けしました。


新年あけましておめでとうございます。行政書士法人ひとみ綜合法務事務所天王寺支店徒歩3分ほどの由緒ある四天王寺前にて。仕事前の朝7時頃で、元旦といえどもまだ人はまばら。四天王寺のお堂の外からのお参りは、24時間門が開いているため、いつでも出来るのです。


こちらは、行政書士法人ひとみ綜合法務事務所の代表行政書士であり、同じく特定行政書士の榎田啓先生。去った年の反省と新たな年の決意をし、希望に満ちた一年の門出のために、初詣に早朝からスタッフ皆で行ってまいりました。

受験生が「ごーくーみ」と暗記しやすい593年、今から1400年以上も前に建立された大阪市天王寺区にある四天王寺は、日本書紀に創建の経緯が記されています。

当時、日本に伝わってきた仏教をめぐって、豪族の間で争いが起きました。仏教を排除したい物部氏の物部守屋に対して、仏教を支持したのが蘇我氏の蘇我馬子(そがのうまこ)でした。日本の紙幣として最も多く肖像が使われた、かの有名な聖徳太子は蘇我馬子の味方で、聖徳太子は自ら四天王の像を木で彫刻し、
「この戦いに勝利したら、自分が作った四天王像を安置する寺を建てる」
と願掛けをしました。そして、見事劣勢から挽回した蘇我氏は勝利。聖徳太子は誓いを果たすため、四天王寺を建てたと言われています。

聖徳太子といえば、日本の一番最初の憲法「十七条憲法」を作ったとされることでも有名です。現在の日本国憲法は、政府と国民の関係を規律するものですが、十七条憲法は官僚や政治に権力を持つ貴族の道徳的な規範が示される行政法としての色が強かったのです。

行政相手の仕事が中心の行政書士法人ひとみ綜合法務事務所としては、近くに四天王寺が位置することに良いご縁を感じます。初詣参拝は恒例行事です。


榎田啓先生の後ろの四天王寺の伽藍(がらん・僧侶が集まり修行する清浄な場所)の配置は、南から北へ、五重塔、金堂、講堂が一直線に並び、それを回廊(かいろう・寺院の建物や中庭などを屈折して取り囲むように造られた廊下のこと)が囲みます。四天王寺式伽藍配置と呼ばれる、飛鳥時代を代表する日本最古の建築様式の一つです。


お参りが終わる頃には、屋台もちらほら開店し始めました。奥に見えるのは、四天王寺の西側に位置する「石の鳥居」。重要文化財に指定される、鎌倉時代の1294年に建立された石造りの鳥居です。門の外は極楽浄土という意味の、「釈迦如来 転法輪処 当極楽土 東門中心」という文字が書かれた、見るからに古い額が鳥居の上に掲げられています。

中世の絵画史料には、四天王寺のこの石鳥居の辺りに多くの被差別民の姿が描かれています。多くの参拝者が来るので、施しを期待して生活に苦しむ人たちが集まったとも、極楽浄土に一番近い場所とされていたこの地に精神的、宗教的な救済を求めて来たのではないかとも推測されます。

横浜生まれ、横浜育ちの私は「部落問題」を身近に感じることがないまま社会に出ましたが、大阪で行政書士として仕事をしていると、「親から部落の人と結婚するなと言われた(近親結婚などの歴史があって遺伝的に問題がある、など)から、大阪の部落地域を教えてほしい」といった問い合わせがあったり(行政窓口に電話をしても教えてくれないから、と・・・。)、差別を助長する悪質な行為を目の当たりにすることも少なからずあります。

便利なインターネットも、使い方を誤ると悪意なく書き込んだこと(自分が見て根拠に乏しいのに信じてしまった内容の拡散など)が、人を傷つけることがあります。匿名性というインターネットの特性を利用して、生活保護を受けている人や外国人、障害者など、社会的弱者といわれる人々に対する人権侵害行為も残念なことに多発しているのが現状です。

令和2年元旦の本日、行政書士法人ひとみ綜合法務事務所にお電話相談された女性のお客様は、ごく普通に派遣の仕事をしていた一人暮らしの女性で、いわゆる社会的弱者とされるくくりには当てはまらない方。

同性の正社員が職場で、派遣の自分を無視、正社員の女性だけをランチに誘う、いわゆる仲間外れにされたことで毎朝出勤時に辛くて頭痛やめまいを起こすようになってしまった、有給も使い切りこれ以上休むと家賃も払えず、生活ができなくなってしまうという切羽詰まった相談でした。

資格取得と正社員登用も目指して頑張っていた職場で、ハラスメント被害に遭った自分が仕事を辞めることは逃げるようで悔しい、という思いもおありで、当面の生活を安定させるために年初役所開庁日の1月6日に特定行政書士が代理作成した申請書を提出すると同時に、行政書士法人ひとみ綜合法務事務所が提携する弁護士を紹介してパワハラについては民事提訴、刑事告訴を視野に行動していくということになりました。

パワーハラスメントのほか、セクシャルハラスメント(セクハラ)、ジェンダーハラスメント(同性カップルの方のご相談や、そのネットワークによるご紹介というのは最近とても多いです)、アカデミックハラスメント(アカハラ、あまり知られていませんが優秀な学生が教授から正当な評価をしてもらえないなど)、モラルハラスメント(モラハラ)など、ハラスメントは無意識のうちに行われることが多く、いつの間にか加害者になっている恐れもあります。

行政書士の重要な仕事、社会的役割の一つは予防法務ともいわれ、今回のご相談のように実際に被害により健康を害するなど損害が生じて、法的トラブルになる前に回避することです。

大人のハラスメント、子どものいじめも同じで、周りの人が日ごろから相互に思いやりを持ち、あれ、おかしいなという出来事があったら「面倒だから関わりたくない」という気持ちを優先させるのではなく、公平な対人関係が保たれているか、一人一人が他者に思いやりを持つことが何より大切だと私は思うのです。


行政書士法人ひとみ綜合法務事務所の年賀状は、毎年エンジニアスタッフが数パターン作成してくれます。

飲食業許認可や民泊申請などで必要な図面作成も、外注する行政書士事務所が多いですが行政書士法人ひとみ綜合法務事務所では内部ですべて行えるため、外注費の節約が可能で結果的にお客様に利益還元できるようになっています。

令和2年の行政書士法人ひとみ綜合法務事務所の抱負です。

1.法令順守・・・国家資格を有する『街の法律家』として当然のこと!

2.公平誠実・・・権威や地位、金力に惑わされず、忖度(そんたく)はしません!

3.無病息災・・・本日四天王寺さんにて、全力でお願いしました!

新たな1年も、行政書士法人ひとみ綜合法務事務所は、法の支配による三権分立、人権保障という日本で生活するすべての人に安心感を与えている基本原理を念頭に、日本国民の生活上の諸権利、諸利益が守られ、また行政においても効率的な処理が2名の特定行政書士が作成する正確・明瞭な書類によって確保されることで公共的利益が還元されるよう、精一杯お客様と共に伴走してまいります。