著書「わたし生活保護を受けられますか」念願叶い公共図書館への蔵書が決定!~図書館と行政書士の私、表現の自由~

You can find My book “Can I receive public assistance?” at most of the Japanese public libraries! ~the Library and Me, Freedom of Speech and Expression~

著書「わたし生活保護を受けられますか」念願叶い公共図書館への蔵書が決定!
~図書館と行政書士の私、表現の自由~

My mother used to say she loved her elementary school library where she was living with her step mother and step father working as a public school’s janitor(although it is now hard to imagine a janny living on the school site with his family, that was normal in the 1950s)and read all kind of books as she had plenty of time and energy but no money.

私の母は、公立小学校に住み込みの用務員さんだった養父と養母に育てられました。母たち家族は公立小学校で暮らしていたのです。今では想像もなかなかできませんが、1950年代はそんな時代だったようです。母は、住まいでもあった小学校の図書室が大好きで、あらゆるジャンルの本を読み漁ったと、よく私に話してくれたものです。

For me, the library was not just a place to read books. It was a place to escape physically and mentally as it helped occupy my mind a lot of times in silence.

私自身にとっては、図書館はただ本を読むための場所ではありませんでした。静寂で、時が経つのを忘れるほど心を没頭させてくれる図書館は、物理的、精神的な私の避難所でした。

Sometimes I asked my mother what book she likes and went to the library to find the same book so we could discuss it at home and relate to each other better.

母の好きな本を聞いて、同じ本を図書館で探して、家でその本について意見交換をすることもありました。図書館は、家族の潤滑油でもあったのです。

Since many of my family’s memories are from visits at our local library, no one could be more excited than I was when some committee kindly decided my book’s good for libraires.

私の家族の思い出の多くが図書館にまつわるものだけに、著書『わたし生活保護を受けられますか』が図書館に蔵書されることが決まったとわかったときは、心躍りました。

With an illustrated postcard quoting “You can rely on” created by Pi-chan, the color of the book cover was orange at first.

「頼ってもいいんだよ」と筆文字で描かれたメッセージをのせたポストカード(作・文 絵文字屋 ぴーちゃん)を据えた本の表紙の色は、当初オレンジでした。

The subsequent book cover has become this final version with light blue.

最終的には、この水色の表紙で決まりました。

When a new book sees the light of day, it will be classified as a first edition book. The first editions of the old and rare are thought to be valuable and sometimes sought after.

本が最初に世の中に出るとき、その本は初版本ということになります。古い本や珍しい本の初版本は貴重なので、人気があるものはなかなか手に入らないときもあります。

For example, the first edition of Harry Potter and the Philosopher’s Stone, published on 30 June 1997 was sold at auction for $471,000. This book is so expensive because only 500 copies were published and more than 300 went to libraries.

たとえば、ハリーポッターと賢者の石の初版版はオークションで47万1千ドルで落札されました。ハリーポッターの初版がこれほど高額なのは、1997年6月30日に発行された初版本は限定500冊で、そのうち300冊以上が図書館に蔵書されたことが背景にあります。

If you purchase my very first edition book(“Can I receive public assistance?”)from Amazon or at a book store, you can get this heartwarming postcard as a gift from publishing company.

「わたし生活保護を受けられますか」の初版本に限り、Amazonまたは書店でご購入いただくと、こちらの心温まる素敵な絵葉書が一枚、出版社さんからのプレゼントで挟まれているそうです。

This message is from a Gyoseishisho Lawyer whom I’ve never met yet but got to know about me and my book through SNS. I also got the same kind of surprising message from a publisher that she happened to meet a neat female Gyoseishoshi Lawyer. I was born in Yokohama and started my own Gyoseishoshi Law firm in Osaka with no mentor nor connection, but thanks to the internet which is now widespread, I had met and interacted with and made lots of friends in Osaka or Kansai region.

こちらは、直接お会いしたことはないもののSNSを介して私や本のことを知って下さった行政書士の先生から頂いたメッセージ。出版社さんからも、素敵な女性行政書士の先生と知り合うことができましたと喜びの声がほぼ同時に届きました。
横浜出身で大阪に何らのコネもツテもない状態で行政書士開業した私でしたが、SNSを介して大阪、関西にも信頼の輪が広がったことは、まさに現代社会を生きる恩恵。

This heartfelf letter is from a male Gyoseishoshi Lawyer in Osaka.

大阪の男性行政書士の先生から頂いた心のこもったお手紙

A lady shop owner in Osaka happened to see my Facebook and sent me these lovely T-shirts to cheer me up when I was feeling down!!

私のフェイスブックを見て下さった大阪のお店の女性店長さんは、私が落ち込んでいたとき、励ますためにこの素敵なTシャツを贈ってくださったのです!

A tax accountant who saw my Facebook kindly sent these souvenirs to Hitomi Law Office.

フェイスブックを見て下さった三重県の税理士の先生から、行政書士法人ひとみ綜合法務事務所に頂いた名産のお品

A male Gyoseishoshi Lawyer in Osaka sent this nice postcard to Hitomi Law Office. It goes like this; I noticed your ability at first sight at Minami-Osaka ward and now I am proud of your efforts are paying off in the form of these achievements. Just keep going forward.

こちらは行政書士法人ひとみ綜合法務事務所に届いた、大阪府行政書士会所属の男性の先生からのお葉書。
「南大阪支部でお会いした折、すぐれた能力をお持ちの方と拝察致しましたが、いよいよ御活躍の様子をうれしく思います。どんどん前に進んで下さい。」

There is this old saying in Japan “A nail that sticks out gets hammered”, which means if you don’t conform to the rest, you’ll get criticized. Several years ago, some of other gyoseishoshi lawyers kindly advised me not to post on social media and keep my head down, but I didn’t stop expressing my own opinion through this blog, Twitter, Facebook and YouTube, all by my real name; “Miki Hitomi Gyoseishoshi Lawyer”.

「出る釘は打たれる」という古くからの諺が日本にはあります。目立つと同業者から妬まれて叩かれるから、敵を作らないためにもSNSの公開発信はしない方がいいのではと親切心から忠告してくれた行政書士もこれまで複数いましたが、私はこのブログやツイッター、Facebook、YouTubeでも行政書士としての自覚と品位保持を当然に意識しつつ、自由な発信を続けてきました。ツイッター、Facebook、YouTubeもすべて【行政書士三木ひとみ】の実名で発信しています。

As a consequence of using the internet not as an entertainment tool but as a personal communication tool, the representative of a publishing company read this blog and sent me a message that she’d like to meet me last year. Not just getting published my book but also my book chosen to be set in most public libraries all over Japan even resembles a fairy tale.

結果的に、素晴らしい出会いに恵まれました。
「わたし生活保護を受けられますか」を世に出し、幸運にも全国の主な公立図書館に置いて頂けるという奇跡のような運びとなったのも、実はこの行政書士法人ひとみ綜合法務事務所のブログを読んで下さった出版社さんから昨年「ぜひお会いしたいです」と、お声掛け頂いたことがきっかけだったのです。

Geographically, Japan and China are close to each other. Although Tokyo and Hong Kong are separated only by a 4-hour flight, these two countries are different in many aspects.

地理的には日本と中国はとても近い隣国です。東京都と香港は飛行機でたった4時間の距離ですが、日本と中国は様々な点において異なります。

China was handed Hong Kong from the UK in 1997, and since then, Hong Kong’s publishing industry is said to be facing increasing pressure from China to censor books.

1997年、香港は正式にイギリスから中国に主権移譲されました。その後、香港の出版業界が受ける中国からの言論統制の重圧は、増すばかりのようです。

About 10 years ago, before I became a Gyoseishoshi Lawyer, I met a Chinese lady who was born in Hong Kong and studied abroad in US and got married and divorced with American. She told me she fortunately had a Green Card and was a permanent resident. would never live in China.

10年程前、私が行政書士になる前のことでした。香港で生まれ、アメリカに留学した中国人女性と知り合いました。彼女はアメリカ人男性と結婚し、離婚しました。幸い永住権を取得している、二度と中国には住まないと言っていたのが印象に残っています。

It’s been criticized that many governments including Japan downplay foreign countries’ abuses and not doing enough to protect citizens there, because of desire to maintain beneficial trade and economic relationships.

日本を含め多くの国の政府は、貿易や経済の関係性を優先し、他国の残忍な行為の実態についてあまり報道もせず、当地の政府により迫害を受けている他国民を守るための行動も十分にしていないといったことは、常々批判されています。

However, as people vote for and elect the candidates to represent them, politicians are said to be mirror images of people.

とはいえ、国民の代表者となる政治家は、国民自身が選び、投票しているのです。政治家は国民の鏡ともいわれる所以です。

Kei Enokida (of the blue Facebook Frame picture), the Chief Representative Gyoseishoshi Lawyer of our Hitomi Law Office had this exchange above on Facebook with a politician. The name of this politician is Naotaka Matsumoto. He is a Gyoseishoshi Lawyer and a Tax Account in Osaka and also a politician.

行政書士法人ひとみ綜合法務事務所の代表行政書士である榎田啓先生は、こちらの上のスクリーンショットの青のプロフィール写真です。大阪の政治家であり、行政書士・税理士でもある松本直高先生とFacebookコメント欄でやり取りをしたときのものです。

Politicians making ridiculous comments on TV is nothing new, but with the advent of internet and social media, gaffs can easily be digitally immortalized.

政治家がテレビで馬鹿げた発言をすること自体は昔からありましたが、インターネットやSNSが普及した現代、ネット上の失言はなかったことにはできません。

Politicians sometimes are called out for comments they mad on Facebook or Twitter as people can easily share screenshots of the exchange and show the evidence of inappropriate attitude of them.

政治家のフェイスブックやツイッター上の発言は誰でも簡単にスクリーンショットなどを残せますから、政治家の不適切な言動の証拠となります。そして、政治家が自身のSNS上の発言に関して呼び出しを受けるケースもあります。

This politician (also a Gyoseishoshi Lawyer and a Tax Account in Osaka)’s electoral success came partly from the support he received from Osaka Gyoseishoshi Seiji Renmei, which is very closely linked to Osaka-fu Gyoseishoshi Kai and he also received support from the Liberal Democratic Party, which is the most powerful Japanese party.

大阪の行政書士、税理士でもある政治家の松本直高先生は、大阪府行政書士会と切っても切れない関係の大阪行政書士政治連盟の支持、与党自民党の応援を受け当選。

When I had just read that screenshot above, I giggled a little because I was too amazed and immediately after that, I became pretty upset as I expect elected politicians to lead a professional and respectful dialogue on the internet as even children may be watching. Apparently, Naotaka Matsumoto’s comments are out of line and fall below the standard I expect to politicians.

上記スクリーンショットを初めて見たときは、驚き過ぎて笑ってしまいました。その後すぐに、失望の念で一杯になりました。ネット上の発言は、子どもたちが見ている可能性があるのです。選挙で選ばれた国民の代表である政治家は、自覚と責任、品位ある発言に徹すべきと思います。明らかにこの松本直高議員のSNS上の発言は、私が政治家に期待するものではありませんでした。

An astonishing array of technologies like the widespread of e-mail or the Web, search engines or online-forms processing has made long distances seem trivial and many people to be able to work globally.

メールやインターネット、検索エンジンや様々な分野の電子化の普及、発展といったテクノロジーの進展により、物理的距離の障壁がだいぶ軽減され、世界を股にかけて仕事をすることも多くの人にとって容易になりました。

Open and free access to trustful news and information is so beneficial that everyone can read regardless of their ability to pay for it and keep track of the global events shaping the world today.

誰でも見ることのできる無料公開で信頼に値する報道・情報は、大変価値あるものです。資力の有無にかかわらず、今日の世界情勢を知ることができるのです。